ソフトバンク「トクするサポート」で格安SIMを使う方法

mobile50off

ソフトバンクの機種代金の支払いが最大で半額不要になるプログラム「トクするサポート」「半額サポート+」で端末を購入して、ソフトバンク回線のMVNOのSIMカードを利用する方法を紹介します。

MVNOユーザーがソフトバンクの「トクするサポート」「半額サポート+」を利用すると以下のメリットを受けることができます。

*:「半額サポート+」は「トクするサポート」に名称が変更されました。

iPhoneやPixelシリーズなどの最新モデルが実質半額!

ソフトバンクの回線契約が無くても最新機種を実質半額で購入できます。

ソフトバンク回線のMVNOはSIMロック解除が不要!

ソフトバンク回線のMVNOはSIMロックを解除する必要がないので、買ったその日から使えます。

スポンサーリンク

トクするサポート とは?

「トクするサポート」は、ソフトバンクの端末購入プログラムです。対象機種を48回分割払いでの購入と同時に「トクするサポート」に加入することで、25カ月目以降にソフトバンクが指定する方法で指定機種を購入した場合に、残債(残りの分割支払金)が免除(支払いが不要)されます。トクするサポートを利用することで、端末代金が実質半額になるのです。

具体的には、「トクするサポート」対象機種を48回払いで購入し、25ヵ月目以降の買い替え時に機種を返却することで最大24回分の分割代金の支払いが不要になります。

トクするサポートの最大の特長は、ソフトバンクユーザー以外でも利用できることです。

「トクするサポート」は、"ソフトバンク"の回線契約の有無にかかわらず加入でき、特典を利用することができます。

つまり、MVNOや格安スマホユーザーでもこの特典を利用できるのです。

プログラム利用料 390円x24カ月間
加入条件 対象機種を48回払いで購入
対象機種の購入時に同時申込

対象端末を48回の分割払いで購入し、同時にプログラムに申し込むことで「トクするサポート」に加入することができます。

トクするサポートには「1年買い替えオプション」も用意されています。購入から13ヵ月目以降は、差額を支払うことで前倒しで新機種に買い替えることができます。

hangakusaportplus_option

総額96,000円の機種の場合、13カ月目~24カ月目の機種代金(2,000円x12回)とプログラム利用料(390円x12回)の合計28,680円を支払うことで、1年で機種変更を行うことができるのです。

トクするサポート の対象端末

ソフトバンクの「トクするサポート」の対象端末です。

iPhone iPhone 11 Pro/11 Pro MAX, iPhone 11, iPhone Xr, iPhone 8/8 Plus, iPhone Xs/Xs Max, iPhone Xr, iPhone X, iPhone 7/7 Plus
Google Pixel Google Pixel 3a/3aXL,Google Pixel 3/3XL
スマートフォン Xperia 1, AQUOS R3, arrows U, LG K50
iPad iPad mini, iPad Air, 12.9インチiPad Pro, 11インチiPad Pro
iPhone MediaPad M3 Lite s,Lenovo TAB4

*2019年9月時点のラインナップ

iPhoneシリーズや、Google Pixelシリーズ、iPadシリーズ、Xperia, AQUOS, arrows等、多彩な機種がラインナップされていますね。その他、ケータイ端末もラインナップされています。

トクするサポート の対象端末はSIMロックがかかっている

ソフトバンクのトクするサポートは、他キャリアのユーザーでも特典を受けることができるプログラムですが、対象端末にはSIMロックがかかっていますSIMロックは購入日から100日経過しないと解除できないため、100日間はソフトバンク回線でしか通信を利用できないのです。

MVNOで利用する場合も、ドコモ回線やau回線の格安SIMでは100日間は利用できません。ソフトバンクとの回線契約がない場合、SIMロック解除はソフトバンクショップでしか受け付けしないので3,000円(税別)の手数料が発生します。

*:ソフトバンクの回線契約がないユーザーは、クレジットカード払いでの購入を条件として、ソフトバンクショップで即日でSIMロック解除ができるようになりました。

ただし、ソフトバンク回線のMVNOは別です。SIMロックを解除しなくてもSIMカードを利用することができます。ソフトバンク回線のSIMカードを利用しているユーザーは、端末を購入後すぐに利用できるのです。

ソフトバンク回線の格安SIMを提供しているMVNO

格安SIMは、ドコモ回線が主流ですが、ソフトバンク子会社の「LINEモバイル」など、ソフトバンク回線も提供しているMVNOも存在します。

LINEモバイル ソフトバンクの子会社。SNSの通信量がカウントされない「データフリー」等のサービスを提供。
mineo 「パケットシェア」「パケットギフト」「フリータンク」などの独自サービスを提供。
nuroモバイル 月額300円から利用可能。
b-mobile S 月額990円から利用できる「990ジャストフィットSIM」を提供。

その他、QTモバイルやスマモバ等のMVNOでもソフトバンク回線を提供しています。MVNO各社が公式サイトで公開している「動作確認済み端末一覧」に掲載されていれば、トクするサポートで購入した端末をソフトバンク回線のSIMカードで利用することができます。

iPhoneをトクするサポートで購入し、ソフトバンク回線のMVNOで運用した場合の料金

では、iPhone 11 64GBモデルをトクするサポートで購入し、ソフトバンク回線を提供しているMVNO、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン 音声通話SIM 3GB」で運用した場合の費用を調べてみます。

iPhone 11 64GB 機種代金 89,280円
賦払金 1,860円x48回
25カ月目に機種変更した場合 機種代金 44,640円
賦払金 1,860円x24回
トクするサポート プログラム利用料 390円/月
LINEモバイル コミュニケーションフリープラン
音声通話SIM 3GB
1,690円/月
合計 1,860円+390円+1,690円 3,940円

iPhone 11 64GBモデルをトクするサポートで購入し、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン 音声通話SIM 3GB」で運用した場合、月額3,940円で運用することができます。

iphone1164.jpg

MVNOでも最新のiPhoneシリーズを実質半額で持てるようになった

ソフトバンクの「トクするサポート」を利用すれば、SIMロック解除の必要がないソフトバンク回線のMVNOのSIMカードでも最新のiPhoneシリーズを格安で持てるようになりました。以前でしたら、Apple Storeで割高なSIMフリーモデルを購入するしか方法がなかったので、これは画期的なことです。

mineoやLINEモバイルなどのマルチキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク回線)に対応しているMVNOは、変更事務手数料を支払うだけで、ソフトバンク回線に変更できます。ソフトバンク回線を提供していないMVNOの場合は、MNP転出手数料+移行先の契約事務手数料を支払うことでソフトバンク回線のSIMカードを持つことができます。

ちなみに、ソフトバンク回線のMVNOでは、標準で留守番電話サービスに対応しているというメリットがあります。ドコモ・au回線の場合は有料オプションとして提供しています。

関連記事:
ドコモ・au・ソフトバンクで異なるMVNOの回線別の違いを知る
ドコモ・au・ソフトバンクで異なるMVNOの回線別の違いを知る

トクするサポートの注意点

MVNOユーザーでも最新のiPhoneを実質半額で購入できる「トクするサポート」ですが、注意点も少なからずあります。

  • 25カ月目に新機種に買い替える際、旧機種がソフトバンクの査定条件を満たさなかった場合、20,000円を一括払いする必要があります。
  • 査定条件を満たしていない場合でも、「あんしん保証パック with AppleCare Services」「あんしん保証パックプラス」「あんしん保証パック」のいずれかに加入していれば2,000円に減額されます。
  • 25カ月目に新機種に買い替えた場合、新機種の購入月の翌月までに旧機種を返却し査定を完了させなければなりません。
  • 支払い方法は48回払いが条件になります。一括払いの場合は割引特典が付きません。
  • ソフトバンクのサブブランドのワイモバイル端末はSIMロック解除が必要です。

「トクするサポート」に加入、新機種に買い替えの際は、以上の点にご注意ください。

ソフトバンク回線を提供しているMVNO


    • 3日間の速度制限なし

    • 無料Wi-Fiスポット

    • 通話定額プラン

    • データ繰越

    • 端末セット販売

    • 無制限プラン
    1. 使用回線:docomo/au/SoftBank
    2. 音声通話SIM最低利用期間:12カ月間
    3. 月額500円~
    キャンペーン
    スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン

    コミュニケーションフリーまたはMUSIC+の音声通話SIMに新規申込すると、月額基本料が5カ月間半額になります。キャンペーンコードを入力して契約した場合は、LINEポイント5,000ポイントが付与されます。

    2019 秋の格安スマホSALE

    「moto e5」「HUAWEI P30 lite」「R17 Pro」がセール価格で販売されています。

    LINEモバイル招待プログラム

    LINEモバイルを招待した人にLINEポイント最大3,000ポイントがプレゼントされます。招待された方は、Web登録事務手数料3,000円が無料になります。

    LINEモバイルの特長
    • LINE・Facebook・Twitter・Instagramが使い放題
    • 余ったデータを他のLINEモバイルユーザーに贈れる「データプレゼント」
    • LINEの年齢認証・ID検索に対応

    • 3日間の速度制限なし

    • 無料Wi-Fiスポット

    • 通話定額プラン

    • データ繰越

    • 端末セット販売

    • 無制限プラン
    1. 使用回線:docomo/au/SoftBank
    2. 音声通話SIM最低利用期間:1カ月間
    3. 速度切替アプリ対応
    4. 家族割引サービス
    5. 月額700円~
    キャンペーン
    日経電子版 最大2カ月無料キャンペーン

    キャンペーン期間中にmineoのオプションサービス「日経電子版」に申し込むと、日経電子版の月額料金が最大2カ月無料になります。さらに、日経電子版の無料期間終了後のmineoの月額料金が23カ月間600円割引になります。

    mineo(マイネオ)の特長
    • au、ドコモ、ソフトバンクのマルチキャリアに対応
    • 「パケットシェア」「パケットギフト」「フリータンク」などの独自サービスを提供
    • 契約不要で利用できる「mineoプチ体験」

更新日:


用途別で選ぶMVNOの格安SIM


  1. 通信速度が安定している

  2. 通話定額・かけ放題プラン

  3. 端末補償サービスが充実

  4. 実質無料で使える格安SIM

  5. カウントフリーで使い放題

  6. 家族割引サービスを提供

  7. Wi-Fiスポットが無料

  8. 月額1,480円プランの比較

  9. 無料お試し格安SIM

  10. 節約モードでデータ消費0