Wi-Fiスポットの使いやすさで選ぶ格安スマホ比較

公衆無線LANサービス

MVNOやキャリアのサブブランドが提供する格安スマホサービスは、通信が込み合うピーク時間帯のデータ通信をWi-Fiネットワークに移すことで、ネットワークの負荷を軽減させる(オフロード)ことを目的に公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)を提供しています。格安スマホユーザーは、通信量がカウントされないWi-Fiスポットを活用することで、データ通信量を節約することができます。

以下は、格安スマホ各社が提供しているWi-Fiスポットサービスのアクセスポイント数と、セキュリティ、利用料の一覧です。

MVNO Wi-Fiスポット数 セキュリティ 月額利用料
Y!mobile
450,000 無料
OCNモバイルONE
87,000 無料
BIGLOBE SIM
83,000 無料
U-mobile
82,000 無料
LINEモバイル
49,000 200円
UQ mobile
350円
無料
楽天モバイル
69,000 362円
IIJmio
140,000 362円
TONEモバイル
63,000 500円
BIC SIM 350円
無料

スポンサーリンク

Wi-Fiスポットのセキュリティ

Wi-Fiスポットを使う上で注意しなければならないのがセキュリティです。家庭用のWi-Fiルーターの場合は暗号化されているので問題ありませんが、Wi-Fiスポットのアクセスポイントは暗号化されていない場合があるので注意が必要です。暗号化されていないアクセスポイントで個人情報等の入力を行うと、第三者に通信内容を盗聴される危険性があるからです。

以下は、Wi-Fiスポットで利用されている暗号化方式の種類です。

WPA2

セキュリティ強度が高い暗号化方式です。WAP2を採用しているアクセスポイントは安全に通信できるといわれています。

WEP

多くの脆弱性が指摘されている暗号化方式です。時間をかければ通信を解析できるので、個人情報等を抜き取られる可能性があります。

WEPや暗号化されていないアクセスポイントでも以下のツール等を使うことで個人情報等を抜き取られるリスクを軽減できます。

SSL/TLS

ブラウザアプリでアドレスが「https://」で始まり先頭に鍵マークがついているWebページは「SSL」または「TLS」という方式で暗号化されています。SSL/TLSで暗号化されているので、WEPや暗号化されていないアクセスポイントで個人情報等を入力しても盗聴される心配はありません。

VPN

VPN(Virtual Private Network)アプリを使うことで通信を暗号化することができます。VPNの場合は、VPNサービスを提供する事業者を信頼する必要があるので、個人情報等が洩れる心配は少なからずあります。

UQモバイルやBIC SIMが提供している「ギガぞう」は、Wi-Fiスポットに加えてVPNサービスも提供しているので、より安全にWi-Fiスポットを利用することができます。

Wi-Fiスポットサービスを提供している格安スマホ

  • Y!mobile


ソフトバンクWi-Fiスポット

Wi-Fiスポット数 450,000スポット
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
通信速度 最大54Mbps
暗号化方式 WPA2-EAP(0002softbank)
WEP(mobilepoint)
暗号化なし(0001softbank)
月額利用料 無料

Y!mobileは、ソフトバンクの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で提供しています。アクセスポイント数は国内No.1の45万カ所(2014年時点)。SSIDが「0002softbank」のアクセスポイントは高速で電波干渉が少ない5GHz帯にも対応しています。

端末によって利用できるアクセスポイントが異なります。「HUAWEI P30 lite」や「Android One X」シリーズは全てのアクセスポイントを利用できますが、「iPhone」シリーズは0002softbanしか利用できません。機種によって利用できるアクセスポイント数が異なりますのでご注意ください。

機種名 利用可能なアクセスポイント(SSID)
HUAWEI P30 lite、Android One Xシリーズ、HUAWEI P20 liteなど 001softbank、0002softbank、mobilepoint
Android One Sシリーズ、HUAWEI nova lite for Y!mobile、かんたんスマホ、DIGNOシリーズなど 001softbank、mobilepoint
iPhone 7、iPhone 6s、iPhone SE、iPhone 5s 0002softbank

SSIDが「0002softbank」のアクセスポイントは、セキュリティ強度の高い「WPA2-EAP」で暗号化されているので、安心してネット接続することができますが、SSIDが「mobilepoint」のアクセスポイントはセキュリティ強度が低い「WEP」、SSIDが「0001softbank」のアクセスポイントは暗号化がされていないので、個人情報等を送受信する場合は、SSLやVPNを利用してセキュリティを確保する必要があります。

Android端末では「Wi-Fiスポット設定」アプリで簡単な設定を行うと、Wi-Fiスポットの利用が可能になります。「iPhone」シリーズの場合は、Y!mobileのページから「一括設定プロファイル」をインストールすることで利用できるようになります。


  • OCN モバイル ONE


Wi-Fiスポット

Wi-Fiスポット数 87,000スポット
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n
通信速度 最大300Mbps
暗号化方式 WPA2
月額利用料 無料

OCN モバイル ONEでは、MVNO最大級となる8万7千カ所のアクセスポイントを利用できる「Wi-Fiスポット」を無料で提供しています。「Secured Wi-Fi」とNTT西日本の「DoSPOT」のアクセスポイントを利用できます。また、「Secured Wi-Fi」のアクセスポイントは、セキュリティが高く安全にWi-Fi通信ができる「WPA2」に対応しています。

Wi-Fiスポットは「OCN モバイル ONE アプリ」をインストールし、Wi-FiユーザIDの発行と設定を行うことで利用できるようになります。

「Secured Wi-Fi」エリアでは、Wi-Fiスポットエリアに入ると自動でアクセスポイントに接続されます。

  • BIGLOBEモバイル


BIGLOBE Wi-Fi

Wi-Fiスポット数 83,000スポット
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n
通信速度 最大72Mbps
暗号化方式 WPA2-EAP
月額利用料 250円/1ライセンス(6ギガ/12ギガ/20ギガ/30ギガプランは1ライセンスまで無料)

BIGLOBEモバイルでは全国83,000箇所のアクセスポイントを利用できるWi-Fiスポットサービスを月額250円で提供しています。30ギガプラン、20ギガプラン、12ギガプラン、6ギガプランは、1ライセンスまでは無料で利用できます。

「Secured Wi-Fi」と「DoSPOT」のアクセスポイントを利用できます。

App StoreとGoogle Play Storeで配信しているスマートフォンアプリ「オートコネクト」をインストールすると、Wi-Fiの接続設定を簡単に行うことができます。

  • UQ mobile


ギガぞう

Wi-Fiスポット数 非公開
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n
通信速度 非公開
暗号化方式 WPA2-EAP(Wi2eap:スタンダードエリア)
WPA2(Wi2_club:ベーシックエリア)
月額利用料 350円~(最大4ヶ月間無料、無料のフリープランに変更可能)

UQモバイルでは、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が提供するアプリ「ギガぞう」のUQモバイル専用プランを提供しています。月額350円~の「スタンダードプラン」は、au IDもしくはクレジットカードを利用した場合は最大4ヶ月間無料、それ以外は3カ月間無料で利用できます。無料期間終了後は、無料のフリープランに移行することもできます。

スタンダードプランは、暗号化されたWi-Fiスポットに加えて、より安全に通信できるVPN(Virtual Private Network)接続機能、LTEの通信量を最大20%節約できる圧縮機能にも対応しています。無料で利用できるフリープランは、Wi2 300のベーシックエリアの利用が可能です。

プラン 利用可能なアクセスポイント(SSID)
スタンダードプラン Wi2eap、0000Wi2、Wi2、Wi2_club、wifi_square、UQ_Wi-Fi、mobilepoint、mobilepoint2
フリープラン Wi2、Wi2_club、Wi2_free、wifi_square、UQ_Wi-Fi

スタンダードプランは、暗号化された「Wi2eap」などのアクセスポイントを利用できます。フリープランはセキュリティ強度が高いWPA2で暗号化されているのは「Wi2_club」のみになります。


  • 楽天モバイル


楽天モバイルWiFi by エコネクト

Wi-Fiスポット数 69,000カ所
Wi-Fi規格 Wi2エリア:IEEE802.11a/b/g/n(一部エリアではIEEE802.11a非対応、他社から借りている一部アクセスポイントは11nに非対応)
BBモバイルポイントエリア:IEEE802.11b/g(一部エリアではIEEE802.11bのみ)
通信速度 Wi2エリア:最大300Mbps
BBモバイルポイントエリア:最大4Mbps
暗号化方式 WPA / WPA2-PSK(Wi2_clubのみ) WEP(Wi2、wifi_square、mobilepoint)
月額利用料 362円

楽天モバイルでは、69,000カ所のWi-Fiスポットを利用できる公衆無線LANサービス「楽天モバイルWiFi by エコネクト」を月額362円の有料オプションとして提供しています。キャンペーンで利用開始月と翌月の2カ月間は無料で利用できます。

「Wi2」のベーシックエリアと、ソフトバンクの公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」のアクセスポイントを利用できます。Wi2のエリアでは無線LAN規格「IEEE802.11n」に対応しているので下り最大300Mbpsの高速通信が可能ですが、BBモバイルポイントのエリアは高速なWi-Fi規格には対応していないので最大4Mbpsの速度にとどまります。

Android端末では、楽天モバイルのアプリ「楽天モバイルSIMアプリ」で、iOS端末の場合は「エコネクト」を使ってWi-Fiのアクセスポイントに接続します。

SSIDが「Wi2_club」のアクセスポイントはセキュリティ強度の強い「WPA / WPA2-PSK」で暗号化されています。その他のアクセスポイント(Wi2、wifi_square、mobilepoint)はセキュリティ強度の低い「WEP」で暗号化されてるため、個人情報等を送受信する場合は、SSLやVPNを利用してセキュリティを確保する必要があります。


  • LINEモバイル


Wi-Fiオプション

Wi-Fiスポット数 49,000カ所
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n
通信速度 非公開
暗号化方式 WPA2
月額利用料 200円

LINEモバイルは、OCNの公衆無線LANサービス「Secured Wi-Fi」をユーザー向けにWi-Fiオプションとして月額200円で提供しています。初月と2カ月目は無料で利用できます。

Wi-Fiオプションは全国約49,000ヶ所のWi-Fiスポットを利用できます。Wi-Fiオプションで利用できるSSID「0001_Secured_Wi-Fi」セキュリティ強度が高いWPA2方式で暗号化されています。


  • TONE mobile

TONE mobile


TONE mobile Wi-Fi by エコネクト

Wi-Fiスポット数 150,000カ所
Wi-Fi規格 非公開
通信速度 非公開
暗号化方式 非公開
月額利用料 362円

TONE mobileでは、エコネクトの公衆無線LANサービスをユーザー向けに「TONE mobile Wi-Fi by エコネクト」として提供しています。

Wi2と、BBモバイルポイントが提供する150,000カ所のアクセスポイントを利用できます。


  • U-mobile


U-NEXT Wi-Fi

Wi-Fiスポット数 82,000カ所
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n
通信速度 非公開
暗号化方式 WPA2
月額利用料 無料

U-mobileでは、公衆無線LANサービス「U-NEXT Wi-Fi」をユーザー向けに無料で提供しています。U-mobile、U-mobile PREMIUM、U-mobile MAXのいずれかのプランを契約しているユーザーが対象になります。

U-NEXT Wi-Fiでは、NTTグループの「Secured Wi-Fi」と「DoSPOT」の82,000カ所のアクセスポイントを利用できます。


  • IIJmio


IIJmio WiFi by エコネクト

Wi-Fiスポット数 140,000カ所
Wi-Fi規格 Wi2エリア:IEEE802.11a/b/g/n(一部エリアではIEEE802.11a非対応、他社から借りている一部アクセスポイントは11nに非対応)
BBモバイルポイントエリア:IEEE802.11b/g(一部エリアではIEEE802.11bのみ)
通信速度 Wi2エリア:最大300Mbps
BBモバイルポイントエリア:最大4Mbps
暗号化方式 WPA / WPA2-PSK(Wi2_club) WEP(Wi2、wifi_square、mobilepoint)
月額利用料 362円

IIJmioは、楽天モバイルと同じエコネクトの公衆無線LANサービスを「IIJmio WiFi by エコネクト」としてユーザー向けに提供しています。キャンペーンで利用開始月と翌月の2カ月間は無料で利用できます。

IIJmio WiFi by エコネクトは、「Wi2」のベーシックエリアと、ソフトバンクの公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」の140,000カ所のアクセスポイントを利用できます。Wi2エリアのSSID「Wi2_club」は、セキュリティ強度が高いWPA2で暗号化されています。


  • BIC SIM


ギガぞう

Wi-Fiスポット数 非公開
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n
通信速度 非公開
暗号化方式 WPA2-EAP(Wi2eap)
WPA2(Wi2_club)
月額利用料 スタンダードプラン:463円
フリープラン:無料

ビックカメラのMVNOブランド「BIC SIM」は、IIJmioがMVNEとして回線を提供していますが、公衆無線LANサービスはUQモバイルと同じ「ギガぞう」のBIC SIM専用プランを提供しています。Wi2 300のベーシックエリアを利用できる無料のフリープランと、高セキュリティのSSID「Wi2eap」に対応したスタンダードプランの2つのプランから選択できます。スタンダードプランはクレジットカードで決済すると月額350円で利用できます。

スタンダードプランは、通信内容を暗号化しより安全に通信できるVPN接続機能と、LTEの通信量を最大20%節約できる圧縮機能にも対応しています。

更新日:


用途別で選ぶMVNOの格安SIM


  1. 通信速度が安定している

  2. 通話定額・かけ放題プラン

  3. 端末補償サービスが充実

  4. 実質無料で使える格安SIM

  5. カウントフリーで使い放題

  6. 家族割引サービスを提供

  7. Wi-Fiスポットが無料

  8. 月額1,480円プランの比較

  9. 無料お試し格安SIM

  10. 節約モードでデータ消費0