契約前にWiMAX機器を試せる無料レンタルサービス

UQコミュニケーションズは、WiMAXの通信機器を15日間無料で貸し出すレンタルサービス「Try WiMAX」を提供している。

ユーザーは、契約前に実際に使用する場所でWiMAXを利用できるかどうかを確認することができる。

スポンサーリンク

Try WiMAXで利用できる機器

Try WiMAXでは、以下のモバイルルーターを貸し出している。ホームルーターとデータ通信カードは利用できない。

Try WiMAXの申込時に希望の機器を選択することができる。下り最大220Mbpsを体験できるのは、キャリアアグリゲーションに対応した「Speed Wi-Fi NEXT W01」のみ。キャリアアグリゲーション対応エリア外では下り最大110Mbpsになる。

Try WiMAXの申込の流れ

Try WiMAXの申し込みから到着までは以下の流れになる。

対応エリアの確認

UQコミュニケーションズのホームページの「ピンポイントエリア判定」で、実際に利用する場所の住所を入力して対応エリアかどうかを確認する。

仮登録をする

申し込みページでメールアドレスを登録する。パソコン用と携帯電話もしくはPHSの2種類のメールアドレスが必要。

申し込む

UQコミュニケーションズから送られてきたEメールのメール本文にある認証URLをクリックして、携帯電話/PHSメール宛に送られてきた開通コードを入力する。申し込みにはクレジットカードの登録が必要になる。

貸出機器の発送・受け取り

申し込み完了の翌々日までに機器が発送される。貸出期間は発送日から返却日までの15日間になるので、期間内に納まるように返却する。

Try WiMAXの注意点

携帯電話・PHSのメールアドレスがない場合、またはVISAデビットカード、JCBデビットカードで申し込む場合は、オンラインでの申し込みはできない。UQコミュニケーションズのホームページから申込書のPDFファイルを印刷し、書面で申し込むことができる。

15日間のレンタル期間を過ぎてから返却した場合と、破損・紛失した場合は、最大22,750円の違約金を支払わなければならない。また、Try WiMAXのレンタル期間中でも月7GBと3日3GBの通信規制が適用される。

更新日:

WiMAX 2+の選び方
WiMAX 2+とは?
WiMAX 2+
WiMAX 2+のメリットとデメリット

  • Strong Point

  • Weak Point
WiMAX 2+とその他のモバイルWi-Fiサービスとの比較
  • WiMAX 2+
  • Pocket WiFi
  • PREMIUM 4G
料金プラン
     
MVNOの料金プラン
     
対応エリア
      
3つの通信モード
Hi-Speed
No Limit
Hi-Speed+Area
WiMAX 2+の超高速通信が利用できる通信端末
  • HWD15
  • URoad-Home2+
  • URoad-Stick
下り最大220Mbpsに対応したWiMAX 2+製品
  • WX01
  • W01
キャリアアグリゲーションと4×4 MIMOとは?

  • Carrier Aggregation

  • MIMO
契約前にWiMAX機器を試せる無料レンタルサービス
  • Try WiMAX!
WiMAX 2+の通信規制
     
オプションサービス

  • Wi-Fi

  • Mobile

  • Bill

  • Reparation