下り最大220Mbpsの超高速モバイルブロードバンドサービス
WiMAX 2+
220MB
2016年~440MB
2020年~ 1GB

2016年に下り最大440Mbps

2020年に1GBを目指す!

auスマートフォンの月額料金が934円割引!
auスマートバリュー mineのお申し込みで最大934円値引き

WiMAX 2+ MVNO一覧

  1. GMOとくとくBB GMOとくとくBB

    • 初期費用: 3,000円
    • 端末代金: 0円
    • 初月無料
    • 月額料金: 2~3ヶ月目: 3,609円、4~25ヶ月目: 4,263円
    • キャッシュバック: 最大33,000円

    実質料金 2,840円/月

    WiMAX 2+通常プランが月額2,699円~
    auスマートバリューmine対応

  2. BIGLOBE BIGLOBE

    • 初期費用: 3,000円
    • 端末代金: 0円
    • 初月無料
    • 月額料金: 2~3ヶ月目: 3,695円、4~25ヶ月目: 4,380円
    • キャッシュバック: 最大20,000円

    実質料金 3,350円/月

    WiMAX 2+ギガ放題プランと「格安スマホ」のセットが月額6,580円~

  3. So-net So-net

    • 初期費用: 3,000円
    • 端末代金: 0円
    • 初月無料
    • 月額料金: 2~3ヶ月目: 3,695円、4~25ヶ月目: 4,180円(モバイルコース料金200円を含む)
    • キャッシュバック: 最大20,000円

    実質料金 3,174円/月

    2カ月間は月額2,780円で利用可能な「月額大幅割引キャンペーン」も実施中

  4. RaCoupon(ラクーポン) RaCoupon(ラクーポン)

    • 初期費用: 3,000円
    • 端末代金: 0円
    • 月額料金: 1~3ヶ月目: 2,199円、4~24ヶ月目: 2,883円
    • キャッシュバック: 最大1,000円

    実質料金 2,755円/月

    WiMAX 2+ギガ放題プランが月額実質2,868円の格安価格
    通常プランは月額2,112円の格安価格

  5. PEPABO PEPABO

    • 初期費用: 3,000円
    • 端末代金: 0円
    • 月額料金: 3,609円
    • 通常プランは23,500円のキャッシュバック特典付き

価格はすべて税抜

WiMAX 2+の選び方
WiMAX 2+とは?

WiMAX 2+

WiMAX 2+(ワイマックスツープラス)とは、UQコミュニケーションズが展開するモバイルWi-Fiインターネット サービスのことです。「WiMAX 2.1」という通信規格を採用し、下り最大220Mbpsの高速通信を実現しています。

WiMAX 2+の前身「WiMAX」は、2009年に下り最大40Mbps、上り最大10MbpsのモバイルWi-Fiインターネットサービスとしてスタート しました。2011年には、上りの最大速度が15.4Mbpsに高速化されています。

WiMAX 2+は、2013年に2.6GHz帯の帯域幅20MHzを使って下り最大110Mbps、上り最大10Mbpsのサービスとして スタート。2015年には、帯域幅を2倍の40MHzに拡大し、「キャリアアグリゲーション」と「4×4 MIMO」と呼ばれる高速化技術を 採用したことで下り最大220Mbpsに高速化されました。

2016年には、WiMAX 2+の周波数2つとau 4G LTEの周波数1つを束ねた3波アグリゲーションにより、ハイスピードプラスエリアモードでは、 下り最大370Mbpsの速度が出るようになりました。さらに、「キャリアアグリゲーション」と「4×4 MIMO」の融合により下り最大440Mbpsの 高速通信を実現しています。

WiMAX 2+は、2020年までに下り最大1Gbps(1000Mbps)の高速化を目指しています。

WiMAX 2+のメリットとデメリット

WiMAX 2+の最大のメリットは「工事不要」でインターネットを利用できることです。自宅に固定回線を設置する場合は回線工事が 必要ですが、WiMAX 2+はモバイルルーターなどの対応機器の電源をオンにするだけでインターネットを楽しむことができます。 持ち運び可能な「モバイルWi-Fiルーター」を利用すると、自宅だけでなく外出先でもインターネットに接続できます。

WiMAX 2+の「ギガ放題」プランは、月間データ量無制限で利用できるメリットがあります。「3日3GB」の速度制限はありますが、 1ヵ月30GBまでは使い放題。速度制限後でもYouTubeのHD画質動画をストレスなく視聴することができます。

WiMAX 2+の「ハイスピードプラスエリアモード」を使用できるモバイルルーターは、人口カバー率99%の「au 4G LTE」のネットワークを 利用できるメリットもあります。月額1,050円のオプション料金でWiMAX 2+のエリア外でも高速インターネットが楽しめます。

auスマートフォンやauケータイをお持ちの方は、料金が割引になるメリットがあります。「auスマホ割(2年)」もしくは、 「auスマホ割(4年)」を契約し「auスマートバリュー mine」に申し込むと、毎月最大934円割引になります。

WiMAX 2+を契約すると「Wi-Fiスポット(公衆無線LANサービス)」を無料で利用できます。UQ WiMAXのプランでは 「UQ Wi-Fi」と「Wi2 300」、MVNOのプランでは「au Wi-Fi SPOT」の公衆無線LANサービスの月額基本料金が無料になります。

WiMAX 2+が使用してる「2.6GHz」の周波数帯域は、「通信速度が出やすい」メリットがある反面、「電波が回り込みにくい」 デメリットがあります。直進性が高いので「建物の奥」や「地下」では電波が届きにくくなります。

「ギガ放題」プランは、月間データ量無制限で利用できますが、直近3日間で3GB以上使用すると翌日は終日速度が制限されてしまう デメリットもあります。ただし、制限後でもHD画質のYouTube動画をストレスなく視聴できる「5~7Mbps」の速度が出ます。

WiMAX 2+とその他のモバイルWi-Fiサービスとの比較
  • WiMAX 2+
  • Pocket WiFi
  • PREMIUM 4G
料金プラン

     

WiMAX 2+には「UQ Flat ツープラス ギガ放題」「UQ Flat ツープラス」「UQ Flat ツープラス auスマホ割り(2年・4年)」の 3つの料金プランが用意されています。

UQ Flat ツープラス ギガ放題」は、月間データ量無制限のプランです。開通から3ヵ月間は月額3,696円、 4ヵ月目以降は月額4,380円で利用できます。

UQ Flat ツープラス」は、データ通信量月間7GBまでのプランです。「UQ Flat ツープラス ギガ放題」 よりも割安な月額3,696円で利用できます。データ通信量が7GBを超えた場合は、月末までの通信速度が128kbpsに制限されます。

UQ Flat ツープラス auスマホ割り(2年・4年)」は、auスマートフォン・auケータイユーザー向けのプランです。 「au スマートバリュー mine」に申し込むと、毎月最大934円割引になります。

MVNOの料金プラン

     

UQコミュニケーションズは、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる仮想移動体通信事業者に自社のWiMAX回線を 貸し出しています。BIGLOBEやSo-netなどのプロバイダーは、WiMAX 2+の回線を自社のサービスと組み合わせてサービスを提供 しています。

MVNOは、独自にキャッシュバック特典を付けていることが多いので、本家「UQ WiMAX」よりも実質料金は安くなる場合があります。 WiMAX 2+対応端末も無料で提供しているプロバイダがほとんどです。高額キャッシュバック特典が付いた場合、月額実質2,000円 台で利用できる可能性もあります。

「iPad」や「Xperia Tablet」などの人気タブレットを500円~借りられるレンタルサービスをセットで提供している プロバイダもあります。その他、自社の格安スマホと セットで契約すると料金を割り引くプランを提供している プロバイダもあります。

対応エリア

      

WiMAX 2+は、全国に2万局以上の屋外基地局を設置し全国主要都市でモバイルインターネットサービスを提供しています。 鉄道や電波の届きにくい地下鉄や地下街でもエリア整備を行っており、JR路線やJR地下駅、新幹線の駅コンコース・ホーム、 地下鉄の駅、空港、地下街でもWiMAX 2+を使用できます。

UQコミュニケーションズのホームページではサービスエリアマップも公開されています。「ピンポイントエリア判定」を 利用すれば、ご自宅や職場がエリア内かどうかも一発でわかります。

「ハイスピードプラスエリアモード」に対応したWiMAX端末を利用される場合は、WiMAX 2+に加えて「au 4G LTE」を 使用できます。WiMAXがエリア内の場合、人口カバー率が99%の「au 4G LTE」のネットワークを利用できるメリットが あります。

3つの通信モード

Hi-Speed
No Limit
Hi-Speed+Area

WiMAX 2+には「3つの通信モード」が用意されています。

ハイスピードモード
WiMAX 2+の標準モードです。下り最大440Mbpsの「WiMAX 2+」エリアと、下り最大13.3Mbps、上り最大10.2Mbpsの「WiMAX」エリアを利用できます。

ノーリミットモード
下り最大13.3Mbps、上り最大10.2Mbpsの「WiMAX」エリアを利用できるモードです。

ハイスピードプラスエリアモード
「WiMAX 2+」エリアと、「au 4G LTE」エリアを利用できるモードです。ハイスピードプラスエリアモードを利用した月はLTEオプション料1,005円が加算されます。ハイスピードプラスエリアモードに対応していない端末では「au 4G LTE」エリアを利用できません。

「Speed Wi-Fi NEXT W01」や「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」など、通信モードの切り替えに対応している端末もあります。

WiMAX 2+の超高速通信が利用できる通信端末
  • novas Home+CA
  • URoad-Stick

routerモバイルルーター
モバイルルーターを利用すれば、外出先でもインターネットを楽しむことができます。スマートフォンやゲーム端末、パソコン、タブレットなど、無線LANに対応したあらゆる端末でネット接続できます。

homeホームルーター
バッテリー非搭載のWiMAX製品です。屋内に設置して利用します。外付けアンテナを搭載しているので、モバイルルーターよりつながりやすくなります。

usbUSB
パソコンのUSB端子に接続するタイプです。サイズがコンパクトなので持ち運びに便利ですが、パソコン以外の端末では使用できません。

下り最大440Mbpsに対応したWiMAX 2+製品

WiMAX 2+は、「キャリアアグリゲーション」と「4×4 MIMO」と呼ばれる高速化技術によって下り最大440Mbpsの超高速通信を実現しています。

下り最大440Mbpsの高速通信を利用するには「キャリアアグリゲーション」と「4×4 MIMO」に対応した端末が必要になります。 「Speed Wi-Fi NEXT WX03」は、 「キャリアアグリゲーション」と「4×4 MIMO」の融合により下り最大440Mbpsの高速通信に対応しています。

2016年に発売された「Speed Wi-Fi NEXT W03」は、 3波アグリゲーション(3CA)対応により、下り最大370Mbpsの高速通信が可能です。

キャリアアグリゲーションと4×4 MIMOとは?

  • Carrier Aggregation

  • MIMO

WiMAX 2+は「キャリアアグリゲーション」と「4×4 MIMO」という通信技術を用いて下り最大440Mbpsの高速通信を実現しています。

キャリアアグリゲーションとは、複数の電波を束ねて同時に使用することで通信を高速化する技術です。WiMAX 2+の 「キャリアアグリゲーション」は20MHz幅の周波数帯を2つ束ねることで高速化を図っています。

  • 10MHz
  • 20MHz x 20MHz

2016年には、WiMAX 2+の周波数2つとau 4G LTEの周波数1つの3波アグリゲーションもスタートしています。 3波アグリゲーション対応エリアでは、下り最大370Mbpsの高速通信が可能になります。

4×4 MIMO(マイモ:Multi-Input Multi-Output)とは、送信側と受信側それぞれに4つのアンテナを搭載して 高速化を図る通信技術です。4本のアンテナを使って異なるデータを送信し、受信時にデータを合成することで下り最大220Mbpsの 高速通信を実現しています。

契約前にWiMAX機器を試せる無料レンタルサービス
  • Try WiMAX!

WiMAX 2+はお試しサービス「Try WiMAX!」を提供しています。Try WiMAX!を利用すると、WiMAX 2+対応機器を15日間無料でレンタル できます。実際の通信速度を体感して「満足」したら本契約、「不満足」なら機器を返却するだけでいいのです。

「ピンポイントエリア判定」で利用する場所が対応エリアの場合、UQコミュニケーションズのホームページから申し込むとができます。

WiMAX 2+の通信規制

     

WiMAX 2+は「直近3日間で3GB」以上使用すると、翌日にかけて速度が制限されます。ただし、制限後でも下り10Mbps前後の速度が出る ので、HD画質のYouTube動画をストレスなく視聴することができます。

「ギガ放題」プランは、月間データ量無制限で利用できますが、「通常」プランは、月間データ量7GBを超えると、月末までの 通信速度は下り最大128kbpsに制限されます。また、「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合も、月末までの 通信速度が下り最大128kbpsに制限されます。

オプションサービス

  • Wi-Fi

  • Mobile

  • Bill

  • Reparation