ソニー唯一のSIMフリースマートフォン「Xperia J1 Compact」を安く買う方法

ソニーが2015年3月に発売した「Xperia J1 Compact」は、ソニーが国内で初めて投入したSIMフリースマートフォンだ。

スポンサーリンク

「Sony Xperia J1 Compact」は、縦128mm横65mmのボディに4.3インチディスプレイを搭載したコンパクトなサイズが特長のSIMフリースマートフォン。アウトカメラには、同社のフラッグシップモデル「Xperia Z4」と同じ2070万画素裏面照射積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載する。

OSは、Android 4.4を採用。クアルコム製2.2GHz Snapdragon 800クアッドコアCPU、2GBメモリーなどを搭載している。また、海外メーカー製のSIMフリースマートフォンではサポートしていないおサイフケータイに対応したほか、防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)にも対応している。

LTEは、ドコモのクアッドバンドLTE(Band1/Band3/Band19/Band21)をサポートしているので、都市部や山間部でも問題なく使用することができる。

Sony Xperia J1 Compact

Sony Xperia J1 Compact

Sony Xperia J1 Compactのスペック
サイズ 128 mm(縦)
65 mm(横)
9.7 mm(厚さ)
重量 138 g
OS Android4.4
スクリーンサイズ 4.3 インチ
画面解像度 1280×720 pixels (ピクセル)
背面カメラ画素数 2070万画素
前面カメラ画素数 220万画素
CPU チップセット Qualcomm Snapdragon 800
クロックスピード 2.2 GHz
コア数 クアッドコア
メモリー 2 GB RAM
ストレージ 16GB
バッテリー 2300 mAh

楽天モバイルのSIMカードとの一括購入がお得

楽天モバイルでは、楽天スーパーポイントをプレゼントするキャンペーンを定期的に実施している。楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円相当の価値があるので、仮に2,400ポイントプレゼントする場合は実質2,400円割引でXperia J1 Compactを購入できることになる。

楽天スーパーポイント2,400ポイントプレゼントが適用されると、最低利用期間の1年間継続利用した場合、実質3,589円~で利用できる。

  • 通話SIM

    1,323円
  • 端末代金

    2,466円
  • ポイント付与

    200円x12
  • =
  • 実質月額

    3,589円

「Xperia J1 Compact」はSIMカードとのセット販売が基本

「Xperia J1 Compact」は、楽天モバイルの他、イオンモバイル、ソニーストア、So-netで販売されているが、スマートフォン単体で購入することはできない。楽天モバイル以外は、So-netの格安SIM「PLAY SIM」とのセット販売になる。

Xperia J1 CompactのMVNO別料金表
楽天モバイル イオンモバイル So-net ソニーストア
端末代金 54,800円
SIMカード 3,000円
MVNO 楽天モバイル PLAY SIM
音声通話付SIMの料金プラン(容量) ベーシックプラン:1,250円(無制限)
3.1GBパック:1,600円(3.1GB)
5GBパック:2,150円(5GB)
10GBパック:2,960円(10GB)
プラン 100M/day: 1,480円(1日100MB)
プラン 150M/day: 1,980円(1日150MB)
プラン 320M/day: 2,980円(1日320MB)
140MB/日(1日140MB) 4GB/月:1,580円(4GB)
データ専用SIMの料金プラン(容量) ベーシックプラン:525円(無制限)
3.1GBパック:900円(3.1GB)
5GBパック:1,450円(5GB)
10GBパック:2,260円(10GB)
割引プラン プラン 100M/day: 開始翌月から23カ月間200円引き
プラン 150M/day: 開始翌月から23カ月間400円引き
プラン 320M/day: 開始翌月から23カ月間400円引き
プラン変更 不可 不可 不可
最低利用期間 1年 なし 1年 1年

イオンモバイルは月額料金を割引

イオンモバイルは、開始翌月から23カ月間料金プランが割引になる。プラン 100M/dayで月200円、プラン 150M/dayとプラン 320M/dayでは月400円が割引される。

イオンモバイルを24ヶ月間利用すると、プラン 100M/dayで実質4,600円、プラン 150M/dayとプラン 320M/dayで実質9,200円割引になる。

イオンモバイルは利用期間の縛りなし

イオンモバイルの料金プランには、利用期間の縛りがない。他の3社では、最低利用期間が1年に設定されており、期間前に解約すると解約手数料が発生するが、イオンモバイルはいつ解約しても高額の手数料を請求されることがない。ただし、イオンモバイルから他社にMNP転出する場合は、7,000円のMNP転出手数料が発生する。

プラン変更に対応しているのは楽天モバイルだけ

楽天モバイル以外は、PLAY SIMの料金プランを用意しているが、料金プランの変更に対応しているのは楽天モバイルだけ。Edyギフト受け取り前にプラン変更すると、Edyギフトギフトは受け取れなくなるが、Edyギフトが送付される2015年8月下旬以降に変更した場合はEdyギフトも受け取ることができる。

楽天モバイルはデータ専用SIMにも対応

楽天モバイルは、音声通話SIMに加えてデータ通信専用SIMにも対応している。他の3社は、音声通話SIMのみを提供しており、データ通信専用SIMを契約することはできない。

まとめ
  • 「Sony Xperia J1 Compact」は、ソニーが国内で販売している唯一のSIMフリースマートフォン
  • 同社のフラッグシップモデル「Xperia Z4」と同じ2070万画素CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載
  • SIMカードとのセット販売が基本で、単体での販売ななし
  • プラン変更に対応しているのは楽天モバイルだけ

更新日: