端末代込で月々2,480円で利用できる業界最安値の格安スマホサービス

So-netの格安スマホサービス「So-net モバイル LTE スマホセット2480」は、端末代込で月額2,480円で利用できる業界最安値の格安スマホサービス。最新のSIMフリースマートフォンを実質14,160円で持つことができる。(So-net モバイル LTE スマホセット2480の販売は終了しています。)

スポンサーリンク

NMO(大手キャリア)でスマートフォンを契約すると、カケホーダイプランの場合、パケットパックが最小の2GBで月額6,500円必要になるが、So-net モバイル LTE スマホセット2480では端末代込で月額2,480円で済む。

MNOの料金プラン

  • 基本使用料
    2,700円
  • パケット代
    3,500円
  • ISP料金
    300円
  • 端末代金
    0円
  • =
  • 6,500円

So-net モバイル LTE スマホセット2480

  • データ通信/音声通話

    1,890円
  • 端末料金

    1,211円-621円=590円
  • =
  • 月々

    2,480円

2年間で10万円の通信費を削減

2年間使用した場合、MNOのカケホーダイプランは合計156,000円の費用が発生する。So-net モバイル LTE スマホセット2480では59,520円で済むので、2年間で合計96,480円の通信費を削減することが可能になる。

So-net モバイル LTE スマホセット2480
2,480円×24=59,520円
MNO
6,500円×24=156,000円

MNOとSo-netのスペック比較

  MNO(ドコモ) So-net
通信速度 下り最大225Mbps 下り最大150Mbps
月間データ容量 2GB 3GB
月間データ容量超過後速度 128kbps 300Kbps
通話料 20円/30秒
SMS送信料 3円/1通
セキュリティサービス 200円/月 無料
追加チャージ 1,000円/1GB 500円/100MB、2,100円/500MB、3,800円/1GB
通信速度

ドコモは、「PREMIUM 4G」対応端末では下り最高225Mbpsの速度が出る。それ以外の端末は、So-netと同じ下り最大150Mbpsになる。

月間データ容量

ドコモのパケホーダイのパケットパックは2GBから。So-netは50%多い3GBまで使える。

月間データ容量超過後速度

ドコモは、パケットパックを使い切ると128kbpsまで速度が落ちるが、So-netは、300kbpsまで出すことができる。

セキュリティサービス

ドコモが有料なのに対し、So-netは「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」が標準で装備されており、ファイルやメール、添付ファイルのスキャンなどのセキュリティサービスを、PC/Mac/Android端末最大5台まで無料で利用できる。

追加チャージ

ドコモは1GB単位でしかチャージできないが、So-netは100MB単位でチャージできる。1GBあたりの単価はドコモのほうが安い。

SIMフリースマートフォンはファーウェイの最新モデル

So-net モバイル LTE スマホセット2480のSIMフリースマートフォンは、ファーウェイのミッドレンジモデル「P8lite」を用意。メタルサテン加工のフレームとヘアライン加工の背面パネルが特徴で、 ホワイト、ブラック、ゴールドの3色をそろえる。

64ビット1.2HGzオクタコアCPU、2GBRAM、16GBストレージ、2200mAhバッテリーを搭載。ディスプレイは5.0インチIPS液晶を採用している。

カメラ機能は、背面が1300万画素、前面が500万画素のイメージセンサーを搭載。撮影後にピントを調整する機能や、前面カメラで自撮りする際にユーザーの顔を認識してレベルを自動補正する機能などに対応している。

ファーフェイ独自のUI「Emotion UI」はバージョンを3.1を採用。片手でも操作が楽にできるように、画面全体を縮小することができる。

LTEは、8バンドをサポートしている。ドコモが使用しているB1/B3/B19の他、ソフトバンクが使用しているB8/B28にも対応する。

Huawei P8liteイメージ

Huawei P8liteの基本スペック
サイズ 143 mm(縦)
71 mm(横)
7.7 mm(厚さ)
重量 131 g
OS Android 5.0
スクリーンサイズ 5.0 インチ
画面解像度 1280×720 pixels (ピクセル)
アウトカメラ画素数 1300万画素
インカメラ画素数 500万画素
CPU チップセット Hisilicon Kirin 620
クロックスピード 1.2GHz
コア数 オクタコア
メモリー 2GB RAM
ストレージ 16GB
バッテリー 2200 mAh
Simカードスロット microSIM + nanoSIM (SIMスロット1:4G/3G/2G、SIMスロット2:2G)
ネットワーク LTE (4G) B1/B3/B5/B8/B9/B19/B28 (2100, 1800, 850, 900, 800, 800, 700MHz)
TDD-LTE (4G): B40
UMTS (WCDMA - 3G) BI/BV/BVI/BVIII/BXIX (2100, 850, 800, 900, 800MHz)
GSM 850, 900, 1800, 1900MHz

P8liteを実質17,700円で購入できる

So-net モバイル LTE スマホセット2480は、ドコモの月々サポートと同様に、30回の端末割賦料金から毎月621円が割引される。月々の端末代金が1,211円なので、割引が適用されると月々590円になり、端末の実質価格が17,700円になるのだ。

  • 端末料金

    1,211円
  • 割引

    -621円
  • =
  • 毎月の支払額

    590円

このように、端末代金が半額以下になり、通信・通話料もセットになったSo-net モバイル LTE スマホセット2480は、非常に魅力的な格安スマホサービスと言えるだろう。

注意点

直近3日間の速度制限

直近3日間のデータ通信量が360MBを超えると、翌日の深夜から朝方まで通信速度が制限される。1日当たり120MB以内に抑えるのがベスト。

ブラン変更不可

プラン変更には対応していない。1年以内に解約すると5,000円の解約金が発生するので、月間データ通信量が3GB以内に収まるか事前にチェックしたほうがいいだろう。

通話料は20円/30秒

ドコモのカケホーダイのような通話定額プランはないので、通話が多いユーザーには向いていないが、通話料が半額になるプレフィックス通話サービスを利用することで、通話料を抑えることはできる。

更新日: