SIMフリー版「iPhone」でVoLTEを利用する方法

iOSのバージョンが8.3にアップデートされてことで、SIMフリー版「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」でもVoLTE(ボルテ)を利用することができるようになった。

スポンサーリンク

VoLTE(Voice over Long Term Evolution)とは、LTEネットワーク上で音声通話を可能にする技術。通話時の周波数帯が3Gの2倍になるので、より高音質な通話ができるようになる。また、電話の着信時にLTEから3Gに切り替える「CSフォールバック」も不要になるので、データ通信と音声通話が同時にできるようになる。

VoLTEの設定方法

iOS 8.3にアップデートする
iCloudにデータをバックアップした後、設定アプリを開き「一般」「ソフトウェアアップデート」からiOS 8.3をダウンロードし、インストールする。
キャリア設定をアップデート
設定アプリを開き、「一般」「情報」をタップし、アップデートのポップアップメッセージからアップデートを行う。
LTE回線で音声通話を使用できるようにする
設定アプリを開き、「モバイルデータ通信」「LTE回線を使用」をタップし、「音声通話およびデータ」を選択する。

国内では、ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社がVoLTEをサポートしている。VoLTEの高音質通話を利用できるのは、同一キャリアネットワーク間のVoLTE対応端末同志に限られる。キャリアをまたいだ場合は、3Gと同じ音質になってしまう。

「VoLTE」は、ドコモ系のMVNOの格安SIMカードでも利用することができる。「VoLTE」は音声通話とみなされるのでデータ通信量を消費することもない。なお、KDDI系のMVNOのSIMカードでは、VoLTEを利用することはできない。

電話番号の先頭に数桁のプレフィックス番号を付与して発信することで通話料が半額になる「プレフィックス通話」では、VoLTEを利用することはできない。

更新日: