新型「iPhone」を確実に発売日に入手する方法

毎年9月に発表され、予約開始から発売日の大行列まで大きな話題を呼ぶ大人気スマートフォン「iPhone」。新型「iPhone」の発売日には、公式ショップや家電量販店で大行列ができるので何時間も並ばないと購入できないイメージがあるが、販売チャネルによっては行列に並ばなくても発売日に入手できることがある。

スポンサーリンク

新型「iPhone」は、予約方法によって入手までの時間が大きく異なる。販売チャネル別の予約方法を理解することで、発売日の大行列に並ばなくても新型「iPhone」を入手できるようになる。

新型「iPhone」を予約する方法

予約先 店舗 入荷 郵送 店頭受取 SIMフリー キャッシュバック
Apple Apple Online Store
ドコモ ドコモオンラインショップ
ドコモショップ change_history
au au Online Shop
auショップ change_history
ソフトバンク ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンクショップ change_history
家電量販店 ヨドバシカメラ
ビックカメラ等
change_history change_history
Webショップ キャリア正規代理店 change_history

Apple Online Store

Apple Online StoreではSIMフリー(Unlocked)版の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPhone 5s」を販売している。「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は1人2台まで予約できる。予約した「iPhone」は自宅配送の他、近くのAppleストアで受け取ることも可能だ。メーカー直販の店舗なので在庫は潤沢に用意しており、予約開始日に予約すれば、発売日に入手できる確率はかなり高くなる。

代金の支払いは、クレジットカード・代金引換・Appleギフトカード・銀行振込・コンビニ支払いに加えて、最大60回の分割払いが可能なAppleローンも利用できる。

キャリアオンラインショップ

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯キャリアは公式のオンラインショップを展開している。キャリアの公式ショップなので予約が集中するため「iPhone」を大量に仕入れており、予約開始日にいち早く予約すれば発売日に入手できる確率は高くなる。また、店舗と違い行列に並ぶ必要がないので予約も早く済むメリットがある。

予約可能台数は、ドコモとauが1人1台、ソフトバンクが1人2台(機種変更の場合は1人1台)まで。予約した「iPhone」は、ドコモが自宅もしくはコンビニ、auとソフトバンクは自宅もしくはキャリアショップで受け取ることができる。

「iPhone」の予約後、入荷連絡メールが来てから3日(ソフトバンクはメールに記載された日時まで)以内に申し込みを完了しないと予約が無効になる。

なお、未成年は購入することができない。

キャリアのオンラインショップで予約する場合、アクセスが集中しサーバーがダウンして予約ができなくなるリスクがあるので注意が必要だ。(実際、「iPhone 6s」の予約日にドコモオンラインショップのサーバーがダウンしている。)

キャリアショップ

キャリアショップで予約する場合、都心の繁盛店では行列ができることがあるので予約に時間がかかってしまうことがある。入荷台数もショップによって違うので、予約開始日に予約しても「iPhone」の入荷が遅れる可能性もあるので発売日に入手できないリスクがある。

発売日に予約した「iPhone」が入荷しても、発売日に行列がでると受取にも時間がかかってしまう。

オンラインショップも含め、キャリアが販売している「iPhone」は、キャリアのSIM以外では通信できないようにSIMがロックされた状態で販売している。SIMロックは、購入日から180日以降に解除できる。ドコモのみ、Androidスマートフォンを6カ月以上前にSIMロック解除していれば、発売日当日にロック解除可能だ。

家電量販店

家電量販店では店頭とオンラインショップの両方で予約できる。予約は店頭よりもオンラインショップの方が行列ができない分だけ早く済む。「iPhone 6s」からはイオンでも予約を受け付けている。初回の入荷台数は限れるので予約が遅れた場合は発売日に入手できなくなる可能性が高い。

正規代理店のWebショップ

「iPhone」は、キャリアの正規代理店でも販売しているが、予約は受け付けていない。ただし、裏技を使えば発売日に購入できる可能性がある。来店予約を受け付けていて、かつ発売日に在庫がある店舗であれば発売日に待ち時間ゼロで「iPhone」を購入することができるのだ。

ソフトバンクの正規代理店では、来店予約が可能でキャッシュバック特典も付く場合があるので、安く購入したい方はまめにチェックしてみよう。

人気色は避けたほうがいい

「iPhone」にはカラーバリエーションがあり、「iPhone 6s」は、ローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4色から選択することができる。「iPhone 6s」はローズゴールドに人気が集中しているので、発売日に確実に手に入れたい場合は他の色を選択するとよいだろう。(Apple Online Storeでは「ローズゴールド」の発売日配送分は初日で完売になり、2~3週間待ちの状態になっている。

端末代金の支払いは一括払いがベスト

円安などの影響もあり、新型「iPhone」の端末価格は年々上昇傾向にある。

「iPhone 6s」は、64GBモデル以上になると税込みで10万円を超えてしまう。割賦契約の場合、与信審査で落とされてしまうリスクが高くなる。予約はできても審査で落とされると発売日には行列に並ばないと購入できなくなるので、割賦契約は避けて一括で購入するのがベストだろう。

Apple Storeで購入する場合は事前予約が必要

Apple Storeでは、事前予約しないと「iPhone 6s」を購入できない。また、販売台数も1人2台までとなっている。

更新日: