FOMAプラスエリアにも対応!「ASUS ZenFone 2」は3GもLTEも全国エリアで使用できる最強SIMフリースマートフォン

台湾のスマートフォンメーカー ASUS(エイスース)が5月16日に国内で発売するSIMフリースマートフォン「ZenFone 2」は、ドコモのFOMAプラスエリアをサポートしている。これまで、ほとんどの海外メーカーのSIMフリースマートフォンでは非対応だったFOMAプラスエリアに対応したことで、全国のドコモエリアでの使用が可能になった。

スポンサーリンク

「ZenFone 2(ゼンフォン・ツー)」は、国内のSIMフリースマートフォンのシェア1位に君臨する「ZenFone 5」の後継モデル。インテル製64ビットAtom Z3560/Z3580 1.8/2.3GHzクアッドコアCPU、4GBメモリー、アウト1300万画素・イン500万画素カメラ、5.5インチフルHDディスプレイ、3000mAhバッテリーなど、スペックが大幅に向上した。

ASUS ZenFone 2

ASUS ZenFone 2

ASUS ZenFone 2の基本スペック
サイズ 152.5 mm(縦)
77.2 mm(横)
10.9 mm(厚さ)
重量 170 g
OS Android 5.0
スクリーンサイズ 5.5 インチ
画面解像度 1920×1080 pixels (ピクセル)
アウトカメラ画素数 1300万画素
インカメラ画素数 500万画素
CPU チップセット 64-bit Intel Atom Z3560/Z3580
クロックスピード 1.8GHz/2.3GHz
コア数 クアッドコア
メモリー 2G/4GB RAM
ストレージ 32, 64GB
バッテリー 3000 mAh
ネットワーク LTE (4G) B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B9/B18/B19/B28 (2100, 1900, 1800, 1700/2100, 850, 800, 900, 1700, 800, 800, 700MHz)
UMTS (WCDMA - 3G) B1/B2/B5/B6/B8/B19 (2100, 1900, 850, 800, 900, 800MHz)
GSM 850, 900, 1800, 1900MHz

FOMAプラスエリアのバンド6(800MHZ)に対応

「ZenFone 2」は、ドコモのFOMAプラスエリアで使用されているバンド6(800MHz)をサポートしている。FOMAプラスエリアとは、NTTドコモのW-CDMA(3G)ネットワークのサービスエリアで、山間部の電波状況の改善、都市部での2GHz帯を補完する目的で使用されている。

FOMAプラスエリアのバンド6は、日本以外で使用してる国や地域がないので、これまで海外メーカー製のSIMフリースマートフォンはサポートしてこなかった。ASUSは、日本のSIMフリースマートフォン市場の拡大をにらんで前モデルの「ZenFone 5」からバンド6に対応している。

海外メーカー製SIMフリースマートフォンのW-CDMA(3G) 対応状況
バンド B1 B6 B8 B9 B11 B19
周波数 2GHz 800MHz 900MHz 1.7GHz 1.5GHz 800MHz
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 5s
(A1453)
Nexus 6
ZenFone 5
Ascend Mate7
Ascend G620S
Ascend G6
Huawei P8
ZenFone 2

国内で使用されているW-CDMA(3G) バンドのうち、ドコモが使用しているのはバンド1・バンド6・バンド9・バンド19。バンド9以外はドコモの3Gネットワークが利用できる。

バンド9の1.7GHz帯は、トラフィックの多い東名阪の地域のバンド1(2GHz)を補完する目的で運用されているので、「ZenFone 2」は、実質的に全国のエリアで使用することができるのだ。

LTEの700MHz帯(バンド28)もサポート

「ZenFone 2」は、LTEネットワークでも幅広い周波数帯をサポートしている。ドコモのネットワークでは、日本独自のバンド21(1.5GHz)を除くすべてのバンド(B1/B3/B19/B28)に対応している。特に2015年以降に運用が開始されるバンド28(700MHz)もサポートしているので、より広いエリアでの使用が可能になる。

また、KDDIのLTEネットワークのうち、バンド1・バンド18・バンド28をサポートしている他、ソフトバンクモバイルのバンド1・バンド3・バンド8・バンド28にも対応する。au・ソフトバンクに関しては、実機での動作検証がされていない段階なので、実際に使用できるかは現時点で不明である。

ZenFone 2は格安SIMでの利用に最適

「ZenFone 2」の登場で海外製SIMフリースマートフォンでも全国のエリアで通信ができるようになった。特に、ドコモが使用するほとんどのネットワークをサポートしているので、ドコモ系のMVNOの格安SIMには最適のスマートフォンとなる。SIMフリースマートフォンの機種選びに迷っているなら間違いなくオススメできる端末だ。

まとめ
  • ASUSのSIMフリースマートフォン「ZenFone 2」は、ドコモのFOMAプラスエリアをサポートしている。
  • FOMAプラスエリアで使用しているバンド6は、日本以外で使用されていないので海外メーカーのSIMフリースマートフォンはサポートしてこなかった。
  • FOMAプラスエリアに対応しているので、山間部でも圏外になりにくくなる
  • LTEでもドコモが2015年に運用開始するバンド28(700MHz)をサポートしているので、より広いエリアでの使用が可能になる
  • 全国のドコモエリアで使用できるので、ドコモ系MVNOの格安SIMユーザーに最適のSIMフリースマートフォン

更新日: