SIMフリースマートフォンの選び方(ストレージ編)

スマートフォンは、写真や動画、音楽、PDFなどさまざまなデータを保存して持ち歩くことができる。スマートフォンに搭載されているストレージの容量が大きいほどたくさんのデータを保存できるので、内臓ストレージの選択は重要な項目になる。

スマートフォンのデータは、ROM(Read Only Memory)と呼ばれる内臓ストレージに保管されている。書き込むことができるデータ容量はGBの単位で表記される。

スポンサーリンク

スマートフォンに搭載されているストレージの容量は、多い順に16GB、32GB、64GB。容量が最も大きい機種は、「iPhone 6 Plus」と「iPhone 6」の128GBになる。


外部ストレージ

androidは、microSDカードをサポートしていおり、microSDカードスロットを搭載したスマートフォンはストレージを拡張することができる。

SIMフリースマートフォンは、最低でも32GBのmicroSDカードをサポートしている。最大で128GBをサポートしている機種もある。なお、microSDカードは、機種によってサポートしている最大容量が決まっており、上限を超えたmicroSDカードは挿入しても認識しないので注意が必要だ。


クラウドストレージ

クラウドとは、スマートフォン内のデータをインターネット上の保管すること。iOS、android共に独自のクラウドストレージサービスを提供している。

iCloud
アップルが提供しているクラウドサービス。 5 GB 分のストレージを無料で利用でき、メール、写真、メモ、リマインダーなどのバックアップが可能。最大1TBの有料オプションを用意。
Google ドライブ
グーグルのオンラインストレージサービス。無料で15GBまで利用が可能。androidで撮影した写真と動画を自動でバックアップしてくれる。最大1TBの有料オプションを用意。

更新日:

SIMフリースマートフォンの選び方
SIMフリースマートフォンとは?
  • iPhone
  • android
SIMフリースマートフォンのメリットとデメリット
  • Strong Point
  • Weak Point
携帯電話で使われている通信方式と周波数帯
  • LTE
OS編
  • iOS
  • android
CPU編
  • Apple A8
    Apple A8
  • Apple A8
    Snapdragon
メモリ編
  • 1GB
  • 2GB
  • 3GB
ディスプレイ編
  • 4inch
  • 5inch
  • 6inch
カメラ編
  • 8MP
  • 13MP
  • 20MP
バッテリー編
  • 1.5Ah
  • 2.5Ah
  • 3.5Ah
ストレージ編
  • ROM
  • microSD
  • Cloud
コネクティビティ編
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • NFC
センサー編
  • Heart Rate
  • GPS
  • Compass
ネットワーク編
  • LTE