SIMフリースマートフォンの選び方(センサー編)

スマートフォンには、さまざまなアプリを開発できるようにいろいろな種類の「センサー」が内蔵されている。こうしたセンサーのおかげで地図などのアプリを利用することができる。

スマートフォンに内臓されているセンサーには以下のものがある。

スポンサーリンク
加速度センサー(Accelerometer Sensor)
加速度(速度の時間変化率)を検出。振る・傾けるなどの直感的な操作を可能にするゲームアプリや、寝返りの動きを測定する睡眠アプリなどで利用される。
周囲温度センサー(Ambient Temperature Sensor)
端末の周囲の温度を測定。androidの温度計アプリなどで利用されている。
回転ベクトルセンサー(Rotation Vector Sensor)
地軸と角度の組み合わせでスマートフォンの向きを検知する。地図アプリなどで利用される。
地磁気回転ベクトルセンサー(Geomagnetic Rotation Vector Sensor)
磁場補正をしない回転ベクトルセンサー。ゲームアプリで利用される。
重力センサー(Gravity Sensor)
X軸、Y軸、Z軸に対する重力を測定する。加速度センサーから直線加速度を除いた数値になる。
ジャイロスコープ(Gyroscope Sensor)
角度や角速度を検知する。スマートフォンの向きに合わせて自動で画面を縦横に切り替える際や、電子コンパス、パノラマ撮影などに使用される。
心拍センサー(Heart Rate Monitor)
心拍数を計測。健康アプリなどで、指をカメラレンズに置いて心拍数を図ることができる。
照度センサー(Light Sensor)
周囲の明るさを測定する。周囲の明るさを検知して画面の輝度を自動的に調整する。
直線加速度センサー(Linear Acceleration Sensor)
加速度から重力加速度の値を除いた数値。
地磁気センサー(Magnetic Field Sensor)
x軸、y軸、z軸方向の磁気の強さを計測する。ナビゲーションアプリやパズルなどのゲームアプリで利用される。
方位センサー(Orientation Sensor)
スマートフォンの傾きと方位を測定する。カメラをかざすとその場所に関する情報を表示するAR(拡張現実)アプリなどで利用される。
気圧センサー(Pressure Sensor)
気圧を計測する。天気アプリで台風の接近を検知することや、ヘルスケアアプリで階段の上り下りなどを測定できる。
近接センサー(Proximity Sensor)
対象物が近づいたことを検知してスイッチのオン・オフを自動的に行う。通話の際に耳に近づけるとディスプレイが消灯する。
相対湿度センサー(Relative Humidity Sensor)
周囲の湿度を測定する。
モーショントリガーセンサー(Significant Motion Sensor)
スマートフォンを持ったユーザーの動きを測定する。ウェアラブル機器用のOS「Android Wear」で利用される。
歩数計(Step Counter Sensor)
スマートフォン再起動後の歩数を計測する。
ステップ検知センサー(Step Detector Sensor)
スマートフォンを持ったユーザーが歩き出したことを検出する。

更新日:

SIMフリースマートフォンの選び方
SIMフリースマートフォンとは?
  • iPhone
  • android
SIMフリースマートフォンのメリットとデメリット
  • Strong Point
  • Weak Point
携帯電話で使われている通信方式と周波数帯
  • LTE
OS編
  • iOS
  • android
CPU編
  • Apple A8
    Apple A8
  • Apple A8
    Snapdragon
メモリ編
  • 1GB
  • 2GB
  • 3GB
ディスプレイ編
  • 4inch
  • 5inch
  • 6inch
カメラ編
  • 8MP
  • 13MP
  • 20MP
バッテリー編
  • 1.5Ah
  • 2.5Ah
  • 3.5Ah
ストレージ編
  • ROM
  • microSD
  • Cloud
コネクティビティ編
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • NFC
センサー編
  • Heart Rate
  • GPS
  • Compass
ネットワーク編
  • LTE