携帯電話で使われている通信方式と周波数帯

モバイル通信には「3G」や「4G」などさまざまな規格がある。SIMフリースマートフォンなどの端末側とキャリアのネットワーク側が同じ通信方式を使用することで通信が可能になる。

国内の通信キャリア(docomo、KDDIグループ、ソフトバンクグループ)は、W-CDMA、CDMA2000、LTEといった通信規格を使用している。W-CDMAとCDMA2000は、3G(第3世代移動通信システム)と呼ばれ、NTTドコモとソフトバンクグループがW-CDMAを、KDDIグループはCDMA2000を採用している。

LTEは、4G(第4世代移動通信システム)と呼ばれ、下り最大300Mbpsのデータ通信とVoLTEと呼ばれる音声通話サービスに利用されている。国内のキャリアは主にFDD方式のLTEサービスを提供している。また、Wireless City Planningの「AXGP」や、UQコミュニケーションズの「WiMAX 2+」は、TDD方式のLTEの互換とされているサービスを提供している。

国内のキャリアが採用している通信方式
通信システム 通信方式 docomo KDDIグループ Softbankグループ
3G W-CDMA
CDMA2000
4G(LTE) FDD
TDD (WiMAX 2+) (AXGP)
スポンサーリンク

もうひとつの注意点に周波数帯がある。端末が使用するSIMカードのネットワークに対応していない場合、通信を行うことができない。端末側がより多くの周波数帯(Band)に対応していれば、スマートフォンを快適に使うことができるので、メーカーのホームページなどで事前に確認しておこう。

LTE
バンド 周波数帯 FDD/TDD docomo KDDIグループ Softbankグループ
Band 1 2.1GHz FDD
Band 3 1.7GHz (東名阪バンド) (ワイモバイル)
Band 8 900MHz (2015年~)
Band 11 1.5GHz
Band 18 800MHz
Band 19 800MHz
Band 21 1.5GHz
Band 26 850MHz
Band 28 700MHz (ワイモバイル)
2015年12月~
Band 41 2.5GHz TDD (WiMAX 2+) (WCP)

docomoは、2015年3月から「LTE-Advanced」のサービスを開始する。LTE-Advanced(LTE-A)とは、異なる周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(CA)を用いてLTEを高速化する技術。

docomoのLTE-Advancedは、最大で帯域幅20MHzを2つ束ねることができる「カテゴリ 6」のサービスを提供する。1.5GHz帯(15MHz幅)と2GHz帯(15MHz幅)、800MHz帯(10MHz幅)と1.7GHz帯(20MHz幅)の30MH幅を用いて、下り最大225Mbpsの通信速度を実現する。

3G
バンド 周波数帯 W-CDMA/CDMA2000 docomo KDDIグループ Softbankグループ
Band I 2.1GHz W-CDMA (FOMA)
Band VI 800MHz (FOMAプラスエリア)
Band VIII 900MHz
Band IX 1.7GHz (東名阪) (ワイモバイル)
Band XI 1.5GHz
Band XIX 800MHz (FOMAプラスエリア)
Band Class 0 800MHz CDMA2000
Band Class 6 2GHz

更新日:

SIMフリースマートフォンの選び方
SIMフリースマートフォンとは?
  • iPhone
  • android
SIMフリースマートフォンのメリットとデメリット
  • Strong Point
  • Weak Point
携帯電話で使われている通信方式と周波数帯
  • LTE
OS編
  • iOS
  • android
CPU編
  • Apple A8
    Apple A8
  • Apple A8
    Snapdragon
メモリ編
  • 1GB
  • 2GB
  • 3GB
ディスプレイ編
  • 4inch
  • 5inch
  • 6inch
カメラ編
  • 8MP
  • 13MP
  • 20MP
バッテリー編
  • 1.5Ah
  • 2.5Ah
  • 3.5Ah
ストレージ編
  • ROM
  • microSD
  • Cloud
コネクティビティ編
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • NFC
センサー編
  • Heart Rate
  • GPS
  • Compass
ネットワーク編
  • LTE