SIMフリースマートフォンのメリットとデメリット

メリット

通信会社を自由に選択できる
SIMロックがかかっていないので、自分の利用形態に合ったSIMカードを選択することができる。
通信料を劇的に下げることができる
キャリアの料金プランは、通話定額+パケット定額(データ通信量は2GB/月)で月額6,500円と高額なのに対し、格安SIMでは、データ通信2GB/月のプランで1,800円(OCN モバイル ONEの場合)と、約4分の1の料金で利用できる。
海外での通信費を抑えることができる
SIMロックがかかっていないので、海外でも利用できる。渡航先で販売されているSIMカードを挿すことで、通話・データ通信が可能になる。キャリアのスマートフォンは、SIMロックがかかっているので渡航先のSIMカードを挿しても通話・データ通信は利用できない。
端末代を低く抑えることができる
エントリーモデルなら、1万円台で購入することができる。ミッドレンジモデルでも3万円前後で購入することが可能。
中古市場で高値で売ることができる
中古市場で、SIMフリー版の「iPhone」はキャリア版よりも高値で取引されている。毎年「iPhone」を発売直後に買い替える場合、旧モデルをヤフオクなどで高値で売却すれば追加の費用を抑えることが可能。
余計なアプリがインストールされていない
キャリアのスマートフォンには、削除できないアプリがプリインストールされている場合がある。。バックグラウンドで動作している場合、バッテリー消費の原因になる。
スポンサーリンク

デメリット

APNの設定を自分で行う必要がある
SIMフリースマートフォンは、SIMカードを挿しただけでは通話やデータ通信はできない。設定画面を開きAPNの設定をしなければならない。
キャリアの周波数帯をサポートしていない場合がある
キャリアは国から割り当てられた周波数を利用して通信サービスを提供している。使用するSIMフリースマートフォンがキャリアが使う周波数帯をサポートしていない場合、SIMカードを挿しても通信することができない。
キャリアが提供するサービスが使いえない場合がある
エリアメールやおサイフケータイ、ワンセグなど、キャリアが販売するスマートフォンで利用できる機能が使用できない。
「月々割」などの端末代が実質0円になるサポートがない
キャリアが販売するスマートフォンは、通信料金が高くなる代わりに端末が実質無料になる「月々割」などのサポートがある。SIMフリースマートフォンと格安SIMをセットで販売しているMVNOで購入すれば、キャッシュバックなどで端末代が安くなる場合もある。

更新日:

SIMフリースマートフォンの選び方
SIMフリースマートフォンとは?
  • iPhone
  • android
SIMフリースマートフォンのメリットとデメリット
  • Strong Point
  • Weak Point
携帯電話で使われている通信方式と周波数帯
  • LTE
OS編
  • iOS
  • android
CPU編
  • Apple A8
    Apple A8
  • Apple A8
    Snapdragon
メモリ編
  • 1GB
  • 2GB
  • 3GB
ディスプレイ編
  • 4inch
  • 5inch
  • 6inch
カメラ編
  • 8MP
  • 13MP
  • 20MP
バッテリー編
  • 1.5Ah
  • 2.5Ah
  • 3.5Ah
ストレージ編
  • ROM
  • microSD
  • Cloud
コネクティビティ編
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • NFC
センサー編
  • Heart Rate
  • GPS
  • Compass
ネットワーク編
  • LTE