NuAns NEO [Reloaded]

NuAns NEO [Reloaded]

  • NuAns NEO [Reloaded] thumbnail
BUY 端末の購入

¥ 49,800 ~

Release Date: June 2017

スポンサードリンク
DESIGN
Dimensions(サイズ) 141 mm H(縦)
74 mm W(横)
11 mm D(厚さ)
Weight(重量) 150 g
OS Android 7.1
display
Screen Size(スクリーンサイズ) 5.2 in (インチ)
Display Resolution (画面解像度) 1920x1080 pixels (ピクセル)
Pixel Density (画素密度) 428 ppi
Display Technology (ディスプレイ技術) IPS LCD
Camera
Rear Camera(背面カメラ画素数) 13 MP (メガピクセル)
Front Camera (前面カメラ画素数) 8 MP
hardware
CPU Chipset Qualcomm Snapdragon 625
Speed 2.0 GHz
Cores Octa-core(オクタコア)
Memory(メモリー) 3 GB RAM
Storage(ストレージ) 32 GB
Removable storage(リムーバブルストレージ) microSD up to 1 TB
Battery(バッテリー) 3450 mAh
Sim Size micro SIM
Connectivity / Sensors
Connectivity (コネクター)

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.1 BLE
microUSB Type-C (OTG)
NFC
FMラジオ

Sensors (センサー)

GPS
加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
近接センサー
環境光センサー
ホールセンサー
緊急速報(ETWS)

Network(ネットワーク)

FDD-LTE (4G): B1/3/4/5/7/8/9/ 12/17/18/19/ 26/28
TDD-LTE (4G):
UMTS (WCDMA - 3G): B1/3/5/6/8/9/19
GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz

LTE Cat.4: 下り最大150Mbps
VoLTE対応

その他の機能
防水・防塵
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ /
ポケモンGO
AR対応
au VoLTE
accessories

NuAns NEO [Reloaded]の特徴

NuAns NEO [Reloaded](ニュアンス・ネオ・リローデッド)は、トリニティが開発したSIMフリースマートフォン。2016年に発売された「NuAns NEO」の後継モデルとなる。IIJmioなどのMVNOではSIMカードとセットで販売している。

HARDWARE

SIMフリースマートフォンでは珍しい「おサイフケータイ」対応端末となる。FeliCaチップを搭載しているので、モバイルSuicaやWAONなどのおサイフケータイ機能を利用できる。利用できるおサイフケータイサービスは以下の通り。

  • モバイルSuica
  • WAON
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • iD
  • nanacoモバイル
  • ticket board
  • ビックポイントケータイ
  • モバイルdポイントカード

チップセットはSnapdragon 617から625にアップグレード。GPUの処理能力は2倍、消費電力は35%削減された。RAM(メモリ)は2GBから3GBに、ROM(ストレージ)は16GBから32GBに容量がアップしている。

3450mAhの大容量バッテリーを搭載。クアルコムの急速充電技術「Quick Charge 3.0」にも対応しているので、1時間で70%まで充電することができるようになった。

5.2インチのフルHDディスプレイのカバーガラスにはAGC旭硝子製の「Dragontrail Pro」が採用されている。前面下部には指紋認証センサーが搭載されている。また、IP54(防塵:IP5X、防滴:IPX4)の防塵防滴規格にも対応している。

DESIGN

端末のCORE部分とカバーを分離した「COREコンセプト」に基づいたデザインを採用。トップとボトムで異なる素材やカラーを選べる「TWOTONE」や、カードケースが付いてスマホスタンドとしても利用できる手帳タイプの「FLIP」の2つのスタイルから様々なカバーを着せ替えて使うことができる。また、TWOTONEとFLIPの3Dデータも無償公開しているので、データをダウンロードしてオリジナルのカバーを作ることも可能だ。

CORE部分のバッテリーの上にはICカードを収納できるカードポケットが設けられている。

USER INTERFACE

独自のUIは搭載されていない素のAndroid端末になる。OSはAndroid 7.1。SDカードの内部ストレージ化にも対応しているので、SDカード内にアプリを保存することもできる。

CAMERA

メインカメラにはF値2.0のソニー製の1300万画素裏面型照射CMOSセンサー、インカメラにもF値2.2の800万画素裏面型照射CMOSセンサーを搭載。マナーモード時はカメラのシャッター音を無音化することができる。また、マニュアル撮影が可能な「Expertモード」にも対応している。

NETWORK

LTEはFDD-LTE13バンド(B1/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/26/28)サポート。ドコモ4バンド(B1/3/19/28)、ソフトバンク4バンド(B1/3/8/28)、au4バンド(B1/18/26/28)に対応。au VoLTEにも対応している。

LTEカテゴリーは4なので、最大通信速度は150Mbpsに留まる。nanoSIMカードでも使えるよう変換トレイが同梱されている。また、緊急速報(ETWS)にも対応している。

各MVNOやMNOのAPN情報がプリセットされているので、選択するだけでAPNの設定を完了することができる。MNOでは通常非公開になっているソフトバンク版iPhone用のAPN「SoftBank for iPhone (Black SIM)」もプリセットされているので、ソフトバンクのiPhone用のSIMでも使えるかもしれない。