CAT S40

CAT S40

CAT S40 back

cats40_side1.jpg

cats40_side2.jpg

  • CAT S40 thumbnail
  • CAT S40 back thumbnail
  • cats40_side1.jpg thumbnail
  • cats40_side2.jpg thumbnail
BUY 端末の購入

¥ 48,800 ~

Release Date: June 2017

スポンサードリンク
DESIGN
Dimensions(サイズ) 144.9 mm H(縦)
74.08 mm W(横)
12.45 mm D(厚さ)
Weight(重量) 185 g
OS Android 5.1
display
Screen Size(スクリーンサイズ) 4.7 in (インチ)
Display Resolution (画面解像度) 540x960 pixels (ピクセル)
Pixel Density (画素密度) 234 ppi
Display Technology (ディスプレイ技術) IPS LCD
Camera
Rear Camera(背面カメラ画素数) 8 MP (メガピクセル)
Front Camera (前面カメラ画素数) 2 MP
Video Resolution (動画解像度) HD (720p)
hardware
CPU Chipset Qualcomm Snapdragon 210
Speed 1.1 GHz
Cores Quad-core(クアッドコア)
Memory(メモリー) 2 GB RAM
Storage(ストレージ) 16 GB
Removable storage(リムーバブルストレージ) microSD up to 64 GB
Battery(バッテリー) 3000 mAh
Sim Size nano SIM
Dual Sim nanoSIM x 2(SIMスロット1で4Gを使用した場合、SIMスロットは2Gのみ対応)
Connectivity / Sensors
Connectivity (コネクター)

Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 4.1
microUSB(OTG対応)
NFC

Sensors (センサー)

GPS/A-GPS/GLONASS
加速センサー
近接センサー
照度センサー
電子コンパス

Network(ネットワーク)

FDD-LTE (4G): B1/3/7/8/19/20 (800, 900, 1800, 2100, 2600MHz)
TDD-LTE (4G):
UMTS (WCDMA - 3G): B1/5/8/19 (800, 850, 900, 2100MHz)
GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz

その他の機能
防水・防塵
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ /
ポケモンGO
au VoLTE
accessories

CAT S40の特徴

CAT S40は、Onkyoが販売する建機大手キャタピラーブランドのSIMフリースマートフォン。「IIJmio」では格安SIMカードとセットで販売している。

DESIGN

米国国防省の調達基準「MIL-STD-810G」に準拠。1.8メートルの高さからコンクリート面に落としても壊れない耐衝撃性を備えている。また、ディスプレイのカバーガラスには「Gorilla Glass 4.0」を搭載し、水深1 mに60分間浸しても起動し続ける「IP68」に準拠した防水・防塵性能にも対応している。メーカーでは-25℃から+55℃の環境でも使用可能としている。

BATTERY

4.7インチディスプレイの小型端末ながら3,000mAhの大容量バッテリーを搭載。最大18時間の連続通話、最長39日間の連続待受に対応している。

USER INTERFACE

左側面には、事前に設定したアプリや動作をワンタッチで起動できる「Programmable Key」を搭載している。手袋をしたままでもタッチパネルを操作できる「Glove Mode」や、指が濡れた状態でも操作できる「Wet-Finger Tracking」にも対応している。

OSは、2世代前のAndroid 5.1を搭載。ダウンロードしたアプリをSDカードに移動してROMの空き容量を増やすことができる。なお、「Google Now on Tap」や「マルチウィンドウ」などの最新バージョンに搭載されている機能は利用できないので注意が必要だ。

FMラジオアプリを搭載しているので、FMラジオ放送を視聴・録音が出来る。NFCにも対応しておりAndroidビーム機能を使って連絡先やWebサイト、YouTube動画などのコンテンツを共有できる。

NETWORK

LTEは、FDD-LTE6バンド(1/3/7/8/19/20)をサポートしている。

nanoSIMx2のデュアルSIMスロットを搭載。SIMスロット1で4Gを使用した場合、SIMスロット2は2Gのみしか使用できないので国内での同時待受けには非対応となる。