Moto G4 Plus

Moto G4 Plus

Moto G4 Plus black

Moto G4 Plus white

Moto G4 Plus side

  • Moto G4 Plus thumbnail
  • Moto G4 Plus black thumbnail
  • Moto G4 Plus white thumbnail
  • Moto G4 Plus side thumbnail
BUY 端末の購入

¥ 35,800 ~

Release Date: July 2016

スポンサードリンク
DESIGN
Dimensions(サイズ) 152.9 mm H(縦)
76.5 mm W(横)
7.87 mm D(厚さ)
Weight(重量) 157 g
OS Android 6.0
display
Screen Size(スクリーンサイズ) 5.5 in (インチ)
Display Resolution (画面解像度) 1080×1920 pixels (ピクセル)
Pixel Density (画素密度) 401 ppi
Display Technology (ディスプレイ技術) IPS LCD
Camera
Rear Camera(背面カメラ画素数) 16 MP (メガピクセル)
Front Camera (前面カメラ画素数) 5 MP
hardware
CPU Chipset Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952
Speed 1.5 GHz
Cores Octa-core(オクタコア)
Memory(メモリー) 3 GB RAM
Storage(ストレージ) 32 GB
Removable storage(リムーバブルストレージ) microSD up to 128 GB
Battery(バッテリー) 3000 mAh
Sim Size micro SIM
Dual Sim microSIMx2(DSDS:デュアルSIMデュアルスタンバイ、LTE/3Gの同時待受可能)
Connectivity / Sensors
Connectivity (コネクター)

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.0
microUSB

Sensors (センサー)

Accelerometer (加速度センサー)
Ambient Light (光センサー)
Fingerprint sensor (指紋センサー)
Gyroscope (ジャイロセンサー)
Proximity (近接センサー)
センサーHub

Network(ネットワーク)

FDD-LTE (4G): B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20/B28 (2100, 1800, 850, 2600, 900, 850, 800, 700MHz)
TDD-LTE (4G): B40
UMTS (WCDMA - 3G): B1/B2/B5/B8/B19 (2100, 1900, 850, 900, 800MHz
GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz

その他の機能
防水・防塵
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ /
ポケモンGO
AR対応
au VoLTE
accessories

Moto G4 Plusの特徴

CAMERA

メインに1600万画素、サブに500万画素、画素ピッチ1.3μmのイメージセンサーを搭載。薄暗い場所でも高速でピントを合わせるレーザーオートフォーカスに加え、コントラストAFより速度が速く動く被写体も捉えやすい像面位相差オートフォーカス(PDAF)に対応している。

Battery

3,000mAhバッテリーを搭載。15分で約6時間使用分の充電が可能な急速充電機能「TurboPower」にも対応している。

User Interface

前面下部に指紋認証センサーを搭載。タッチから750ms(0.75秒)以下の速度でロック解除ができる。

メーカー独自アプリをほとんど搭載していない「Android6.0.1」は、Google純正のNexusシリーズに近いUIを採用。次期OSの「Android Nougat」へのアップデートも行われる予定だ。

HARDWARE

2枚のmicroSIMカードを挿入できるデュアルSIMスロットを搭載。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)をサポートし、両スロット共にLTEに対応しているので、国内でも2枚のSIMを挿して同時待ち受けすることができる。LTEと3Gの同時待受けには対応しているが、LTEの同時待受けには非対応となる。また、VoLTEには対応してない。

主要MVNOのAPNはプリセットされているので、利用しているSIMカードのアクセスポイント名を選択するだけで、APN設定が完了する。ドコモSIM(spモード契約)はプリセットされていないが、新規APN作成時にAPNを「spmode.ne.jp」に変更することで使用可能になる。

DESIGN

背面パネルにはプラスチック素材を採用。前面にはコーニングのカバーガラス「GORILLAR GLASS 3」を採用している。

NETWORK

LTEネットワークはFDD-LTE8バンド(B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20/B28)とTD-LTE1バンド(B40)をサポート。ドコモは4バンド(B1/B3/B19/B28)、ソフトバンクは4バンド(B1/B3/B8/B28)に対応している。