Wi-Fi(ワイファイ)

Wireless Fidelity の略で無線LAN(無線でデータの送受信を行うLocal Area Network)規格のひとつ。IEEE での規格名は IEEE 802.11。

インターネット回線に接続した無線LANルータ(Wi-Fi親機)と、スマートフォンなどのWi-Fi子機を無線で接続し、webサイトの閲覧や、アプリの使用、Wi-Fi対応プリンターでスマートフォン内の写真の印刷などが可能になる。

スマートフォンで使用されているWi-Fi規格には、以下のものがある。

IEEE 802.11ac
最大6.93Gbpsの高速通信が可能。5GHz帯を使用しているのでBluetooth機器や電子レンジなどの家電製品との電波干渉が起きにくい。複数のアンテナを使用して通信品質を向上させるMIMO (マイモ:multiple-input and multiple-output)をサポート。
IEEE 802.11n
最大通信速度600Mbps。2.4GHz帯/5GHz帯を使用する。MIMOをサポート。
IEEE 802.11g
最大通信速度54Mbps。2.4GHz帯を使用。
IEEE 802.11b
最大通信速度11Mbps。2.4GHz帯を使用。
IEEE 802.11a
最大通信速度54Mbps。5GHz帯を使用。

Wi-Fiへの接続には、ユーザー認証が必要。スマートフォンのWi-Fi設定画面で接続するSSID(Service Set ID)を選択し、指定されたパスワードを入力することで接続が可能になる。

Wi-Fiは、無線で通信を行うため通信内容を傍受される危険性がある。盗聴を防ぐため、通信内容は暗号化されている。Wi-Fiで使用されている暗号化方式には以下のものがある。

WPA2
Wi-Fi Protected Access 2の略。解読が不可能とされているAES暗号をサポートしている。
WPA
Wi-Fi Protected Accessの略。暗号鍵を自動更新する TKIP(Temporal Key Integrity Protocol) を採用している。
WEP
Wired Equivalent Privacy の略。さまざまな脆弱性が指摘されており、通信が傍受される危険性が高い。
公衆無線LAN

Wi-Fiを利用したインターネット接続サービス。スマートフォンキャリアが通信容量の逼迫を避けるデータオフロードの目的で、公共施設や、商業施設、コンビニ、カフェなどの飲食店に公衆無線LANのアクセスポイントを設置して、自社ユーザー向けにサービスを提供している他、コンビニやカフェなどのチェーンストアが独自に無料で利用できるアクセスポイント設置している例もある。

公衆無線LANサービスは、アクセスポイントによって暗号化方式が異なる。暗号化方式にWEPを採用している場合は、通信が傍受される危険性が高いので、IDやパスワードの入力は避けたほうが良い。

WPA2以外の公衆無線LANを利用する場合、「Hotspot Shiled」や「TunnelBear」などのVPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネットワーク)アプリを利用すことで、通信内容を暗号化しセキュリティーを高めることができる。

スポンサーリンク