CPU

スマートフォンの演算を行う中央処理装置(Central Processing Unit)。プロセッサとも呼ばれる。16、32、64ビットなどの種類があり、1度に扱えるデータの幅(ビット数)が大きいほど性能が良い。ハイエンドのスマートフォンでは、64ビットを採用していることが多い。

Chipset チップセット
スマートフォン内部で、無線処理、電力制御、アプリ動作などを管理する、一連の回路群。アンドロイド端末では、クアルコム (Qualcomm) のsnapdragonシリーズが圧倒的なシェアを誇る。iPhone には、独自設計の「A」シリーズチップが搭載されている。
Speed クロック数
CPUの動作基準となる時間の単位。Hz(ヘルツ)で表され、数値が高いほど処理能力が高くなる。
Cores コア数
1つのCPU(プロセッサ)の中にあるCPUの核の部分の数。1つのプロセッサ内に複数のコアがあるマルチコアが主流で、ハイエンド、ミッドレンジのスマートフォンでは、4つのコアがあるクアッドコアが主流。1部の機種ではコアが8つあるオクタコア (Octa-Core)を採用している。

スポンサーリンク