Camera (カメラ)

スマートフォンのカメラは、光を電気信号に変換する半導体素子「イメージセンサー」を用いて映像を記録する。イメージセンサーの種類には CCDCMOS などがあるが、現在では CMOS が主流になっている。

CMOSイメージセンサー (CMOS image sensor):
CMOS(シーモス:相補性金属酸化膜半導体)を用いたイメージセンサー。消費電力が少なく、ノイズの発生が少ないのが特徴で単価も安い。表面照射型、裏面照射型などの種類があるが、集光効率が高く暗所でも鮮明な映像が撮影できる裏面照射型が多くのスマートフォンで採用されている。さらに近年では、裏面照射型では同一チップ上に画素部分と回路部分を搭載していたチップを積層構造にすることで小型化、高画質化、低消費電力化を実現した積層型CMOSイメージセンサーを搭載する機種が増えている。

スポンサーリンク