「ワンキュッパ割」対「イチキュッパ割」対決!Y!mobileとUQ mobileの1,980円プランを徹底比較

Y!mobileワンキュッパ割対UQ mobileイチキュッパ

ソフトバンクのサブブランド、Y!mobileが月額1,980円のプラン「ワンキュッパ割」を提供開始したのに続いて、auのサブブランド、UQ mobileも月額1,980円のプラン「イチキュッパ割」を開始しました。

無料通話付きで月額1,980円の格安料金で利用できる画期的なプラン。両プランで利用できる高速データ通信容量や、無料通話、対象端末と実質負担額、無料Wi-Fi、データシェア、家族割引、固定通信サービスとのセット割、お試しサービスの有無などの比較してみます。

MVNO logo_ymobile.png
Y!mobile
log_uqmobile.gif
UQ mobile
割引プラン ワンキュッパ割 イチキュッパ割
対象プラン スマホプランS
月額2,980円
ぴったりプラン
月額2,980円
スマホプランM
月額3,980円
たっぷりオプション
月額3,980円
スマホプランL
月額5,980円
毎月の割引額 -1,000円
12カ月間 13カ月間
高速データ通信容量 スマホプランS
2GB
ぴったりプラン
2GB
スマホプランM
6GB
たっぷりオプション
6GB
スマホプランL
14GB
無料通話 1回10分・月300回まで ぴったりプラン:60分
たっぷりオプション:120分
かけ放題オプション
メールアドレス Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)
MMS(@ymobile.ne.jp)
MMS
(@uqmobile.jp)
機種代金 実質0円~
端末お試しサービス Try UQ mobile
ターボ機能
送受信最大300kbps「節約モード」時はデータ通信が使い放題
無料アプリパック
無料Wi-Fiスポット
データ繰り越し
データシェア
家族割引
iPhone販売 iPhone 5s(16GB、32GB)
(テザリング対応)
iPhone 5s(16GB)
(テザリング対応)
スマホ下取り
光セット割
LINEのID検索(年齢認証)
公式サイト
もくじ

スポンサーリンク

1年間は月額1,980円で利用できる「ワンキュッパ割」と「イチキュッパ割」

Y!mobileの「ワンキュッパ割」は基本使用料が1年間毎月1,000円割引、UQ mobileの「イチキュッパ割」は基本料金が13カ月間毎月1,000円割引になる。

割引が適用されることで、Y!mobileの「スマホプランS」とUQ mobileの「ぴったりプラン」は月額1,980円の格安料金で利用できる。

「ワンキュッパ割」と「イチキュッパ割」の対象プラン

対象プランは、Y!mobileが「スマホプランS/M/L」、UQ mobileは「ぴったりプラン」及び「たっぷりオプション」。新規もしくは乗換(MNP)で契約すると割引が適用される。

Y!mobile

Y!mobileの「スマホプランS」は毎月1GBの高速データ通信が付いて月額2,980円、「スマホプランM」は毎月3GBの高速データ通信付きで月額3,980円、「スマホプランL」は毎月7GBの高速データ通信付きで月額5,980円。高速データ通信容量は「2年間2倍」になるキャンペーンを実施しているので、スマホプランSで月2GB、スマホプランMで月6GB、スマホプランLで月14GBに増量される。

「スマホプランS/M/L」には、1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料になる。

料金プラン 月額料金 高速データ通信容量
スマホプランS 2,980円 1GB 2GB
スマホプランM 3,980円 3GB 6GB
スマホプランL 5,980円 7GB 14GB
UQ mobile

UQ mobileの「ぴったりプラン」は月1GBの高速データ通信と最大30分の無料通話が付いて月額2,980円、「たっぷりオプション」は月3GBの高速データ通信と最大60分の無料通話が付いて月額3,980円。高速データ通信容量が最大25カ月間2倍になるキャンペーンを実施しているので、「ぴったりプラン」は月2GB、「たっぷりオプション」は月6GBに増量される。

無料通話も25カ月間通話時間が倍増されるキャンペーンを実施しているので、ぴったりプランで最大60分、たっぷりオプションで最大120分は無料で通話できるようになる。

料金プラン 月額料金 高速データ通信容量
ぴったりプラン 2,980円 1GB 2GB
たっぷりオプション 3,980円 3GB 6GB

Y!mobileの「スマホプランS/M/L」と、UQ mobileの「ぴったりプラン」の最低利用期間は2年(2年自動更新)。契約更新月以外に解約をする場合、9,500円の契約解除料がかかる。

高速データ通信容量は「2年間2倍」

Y!mobile

Y!mobileは「スマホプランデータ増量プログラム」によって毎月の高速データ通信容量が2年間2倍になる。通常の高速データ通信容量に加えて、通常速度に戻す追加料金(500MBあたり500円)を割引することで2倍のデータ容量を使うことができる。

「スマホプランデータ増量プログラム」が適用されると、2年間の高速データ通信容量は「スマホプランS」で月2GB、「スマホプランM」で月6GB、「スマホプランL」げ月14GBに増量される。

高速データ通信容量 通常 増量分 合計
スマホプランS 1GB +1GB
(500MB×2回)
2GB
スマホプランM 3GB +3GB
(500MB×6回)
6GB
スマホプランL 7GB +7GB
(500MB×14回)
14GB

「スマホプランデータ増量プログラム」は、ソフトバンクからの番号移行、またはディズニーモバイル・オン・ソフトバンクからの乗換(MNP)は適用外になる。

UQ mobile

UQ mobileは「データ増量キャンペーン」によって高速データ通信容量が最大25カ月間2倍になる。「ぴったりプラン」の場合、通常の1GBに加えて500MBにつき500円かかるデータチャージ料金1,000円分が割引されることで毎月2GBの高速データ通信が可能になる。「たっぷりオプション」では通常の3GBに加えて3,000円分のデータチャージ料金が割引されることで毎月6GBの高速データ通信が可能になる。追加したデータ容量は、最大90日間まで繰越すことができる。

高速データ通信容量 通常 増量分 合計
ぴったりプラン 1GB +1GB
(データチャージ500MB×2回)
2GB
たっぷりオプション 3GB +3GB
(データチャージ500MB×6回)
6GB

「データ増量キャンペーン」は、新規契約およびau、au系MVNOからの乗換(MNP)は対象外になる。

UQ mobileは無料通話も25カ月間2倍、Y!mobileはかけ放題も可能

UQ mobile

UQ mobileでは「ぴったりプラン」の国内無料通話が最大25カ月間2倍になるキャンペーンを実施している。通常毎月最大30分(1,200円分)の無料通話が付いた「ぴったりプラン」で月最大60分(2,400円分)、通常60分の無料通話が付いた「たっぷりオプション」で月最大120分(4,800円分)の無料通話を利用することができる。

国内無料通話 通常 増量分 25カ月間割引合計
ぴったりプラン 30分 +30分
(1,200円分)
-30,000円
(1,200円x25)
たっぷりオプション 60分 +60分
(2,400円分)
-60,000円
(2,400円x25)

毎月、増量分を含めた無料通話を使い切った場合、「ぴったりプラン」で実質30,000円割引、「たっぷりオプション」で実質60,000円割引になる。


Y!mobile

Y!mobileの「スマホプラン」は、1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料になる。さらに、月額1,000円のかけ放題オプション「スーパーだれとでも定額」に加入すると、国内通話がかけ放題になる。

2017年2月1日から、月300回の回数制限が撤廃され、10分以内の国内通話がかけ放題で利用できるようになる。

Y!mobileはEメールとMMS、UQ mobileはMMSの利用が可能

Y!mobile

Eメール「Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)」と、MMS(@ymobile.ne.jp)の2種類のメールアドレスを取得できる。Y!mobile メールのメールボックスは容量無制限。ウィルスチェックや迷惑メールフィルタ、自動転送、自動返信に対応している。

UQ mobile

メッセンジャーアプリ「ハングアウト」を使ってMMS(@uqmobile.jp)を利用できる。MMSCとMMSポートの設定ができない端末では利用できない。また、Wi-Fi接続時や海外でのメールの送受信もできない。

1通あたりのメールサイズは最大3MBまで。添付ファイル、絵文字、迷惑メールフィルタに対応している。

キャリア Y!mobile UQ mobile
メールアドレス @yahoo.ne.jp @ymobile.ne.jp @uqmobile.jp
種別 Eメール MMS

Y!mobileは機種が豊富、UQ mobileはマンスリー割で「実質0円」

Y!mobile

Y!mobileでは「ワンキュッパ割」対象機種を豊富にラインアップしている。「Android One 507SH」「iPhone 5s」や「Nexus 5X」などから選ぶことができる。

毎月の通信料から「月額割引」が割引されることで端末の実質負担額が0円になる「実質0円」端末も販売しているので、機種代込で月額1,980円で利用することもできる。


DIGNO E 503KC
実質負担額0円


Nexus 5X
実質負担額540円/月

UQ mobile

UQ mobileで端末を購入する場合、一括払いか、24回分割払いに相当する「端末購入アシスト」のどちらかを選択できる。「端末購入アシスト」で購入した場合、毎月の通信料に加えて端末購入アシスト加算料を24カ月間支払うことで、初期負担を軽減するすることができる。「端末購入アシスト」は24回の割賦払いになるが、金利手数料0%で購入することができる。

「ぴったりプラン」もしくは「たっぷりオプション」でUQ mobile指定機種を購入した場合、「マンスリー割」が適用される。「DIGNO L」「iPhone 5s」「arrows M02」「KC-01」「ZenFone 2 Laser」は、端末購入アシストと同額の「マンスリー割」が適用されるので、実質0円で端末を購入できる。

富士通の新端末「arrows M03」は、端末代金は10,000円。「端末購入アシスト1200」の契約で2カ月目から25カ月目までの24カ月間は毎月1,200円の端末購入アシスト加算料が追加される。「マンスリー割」は、ぴったりプランで毎月500円、たっぷりオプションで毎月1,000円が割引かれる。実質価格はぴったりプランで26,800円(10,000+700x24)、たっぷりオプションで14,800円(10,000+200x24)になる。

機種名 ぴったりプラン たっぷりオプション
ZenFone 3 Ultra
端末代金13,800円
端末購入アシスト 1,500円
マンスリー割 適用外
Alcatel IDOL 4
端末代金7,600円
端末購入アシスト 800円
マンスリー割 適用外(期間限定1万円値引き適用)
ZenFone 3 Deluxe
端末代金10,200円
端末購入アシスト 1,900円
マンスリー割 -400円 -900円
ZenFone 3
端末代金6,200円
端末購入アシスト 1,400円
マンスリー割 -400円 -900円
LG X screen
端末代金0円
端末購入アシスト 1,450円
マンスリー割 -1,450円
ZenFone 2 Laser
端末代金0円
端末購入アシスト 750円
マンスリー割 -750円
ZenFone Go
端末代金3,000円
端末購入アシスト 700円
マンスリー割 -500円 -700円
DIGNO L
端末代金0円
端末購入アシスト 2,000円
マンスリー割 -1,300円 -1,800円
arrows M03
端末代金10.000円
端末購入アシスト 1,200円
マンスリー割 -500円 -1,000円
arrows M02
端末代金0円
端末購入アシスト 1,450円
マンスリー割 -1,450円
KC-01
端末代金0円
端末購入アシスト 1,240円
マンスリー割 -1,240円

「iPhone 5s」の場合は毎月1,800円の「マンスリー割」が適用されるので、実質100円の自己負担金で購入できる。また、UQ mobileの「iPhone 5s」は、au系MVNOでは唯一テザリングにも対応している。なお、「iPhone 5s」はSIMロックがかかっているので、他社のSIMカードを使用することはできない。

iPhone 5sの端末購入アシストとマンスリー割
料金プラン ぴったりプラン たっぷりオプション
月額基本料 1,980円(1年目)
2,980円(2年目以降)
2,980円(1年目)
3,980円(2年目以降)
端末購入アシスト加算料 1,800円
マンスリー割 -1,800円
自己負担金/月 100円
月額料金 1,980円(1年目)
2,980円(2年目以降)
2,980円(1年目)
3,980円(2年目以降)
  1. ASUS ZenFone 3
    • Android 6.0
    • Pokemon GO
    • 2650
      mAh
    • 5.2
      inch
    • 16
      MP
    実質18,200円~
  2. DIGNO L
    • Android 5.1
    • Pokemon GO
    • 3000
      mAh
    • 5.0
      inch
    • 13
      MP
    実質4,800円~
  3. ASUS ZenFone Go
    • Android 5.1
    • 3010
      mAh
    • 5.5
      inch
    • 8
      MP
    実質3,000円~
  4. arrows M03
    • Android 6.0
    • Pokemon GO
    • 2580
      mAh
    • 5.0
      inch
    • 13.1
      MP
    実質14,800円~
  5. arrows M02
    • Android 5.1
    • Pokemon GO
    • 2330
      mAh
    • 5.0
      inch
    • 8.1
      MP
    実質0円
  6. iPhone 5s
    • iOS9
    • Pokemon GO
    • 1570
      mAh
    • 4
      inch
    • 8
      MP
    実質100円

「マンスリー割」はゲオで販売されているauの中古スマートフォンにも適用することができる。「ゲオモバイル」および「ゲオショップ」でauの中古スマートフォンとUQ mobileのSIMカードをセットで購入すると、一律500円の「マンスリー割」が24カ月間適用される。

「マンスリー割」が適用されると実質12,000円割引でauの中古スマートフォンの購入が可能になる。「端末購入アシスト」も利用できるので、中古スマートフォンを初期費用をかけずに購入することができる。

  • 中古スマートフォン

    20,000円
  • マンスリー割

    -12,000円
  • =
  • 月額負担額

    8,000円

UQ mobileは「Try UQ mobile」で端末とSIMカードのお試しが可能

UQ mobile

UQ mobileでは、端末とSIMカードの15日間の無料お試しサービス「Try UQ mobile」を提供している。「Try UQ mobile」は、端末とSIMカードをセットでレンタルできる「端末+SIMセット」と、SIMカードのみを貸し出す「SIMのみ」のどちらかを選択することが可能。貸出端末は「KC-01」1機種のみになるが、契約前に通信速度やエリアを確認できるメリットがある。au端末をお使いの方は、SIMカード単体を借りて速度を体感することができる。

日本国内に在住の20歳以上の方が対象。申し込みには本人名義のクレジットカードが必要になる。

Y!mobileは端末下取りで通信料金を割引

Y!mobile

ワイモバイルでは、端末下取りキャンペーン「下取りプログラム」を実施している。ワイモバイルの「スマホプラン」の契約時に「下取りプログラム」に申込み、契約前に使用していた端末を下取りに出すと、下取り価格と同額が毎月の基本使用料や通話料/通信料から24回に分割して割り引かれる。

下取りの申込はワイモバイルショップの他、郵送でも受け付けている。下取りプログラムの申込期限は、ワイモバイルを契約した翌月末まで。下取り対象機種を正規で購入していること、契約者本人が下取り端末の所有権を保有していることも条件になる。

IMEI(製造番号)が確認できない端末、改造した端末、電源が入らない・初期化されていない・ロックの解除ができない端末は申し込むことができない。

Y!mobileは国内最大級のWi-Fiスポットが無料

Y!mobile

ワイモバイルの「スマホプラン」は、公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で利用できる。「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、国内最大級となる45万カ所のアクセスポイントの利用が可能。Wi-Fiスポットを積極的に活用することで「スマホプラン」の高速データ通信容量を節約することができる。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」では、「0001softbank」「0002softbank」「mobilepoint」の3つのSSIDを使用できるが、機種によっては使用できないSSIDもある。全てのSSIDを使用できるのは「Nexus 5X」のみ。その他のAndroidスマートフォンは「0001softbank」と「mobilepoint」の使用が可能。「iPhone 5s」では「0002softbank」のみ使用できる。

対応機種 アクセスポイント(SSID)
Nexus 5X 001softbank
0002softbank
mobilepoint
DIGNO E、AQUOS CRYSTAL Y2 403SH、AQUOS Xx-Y 404SH、LUMIERE 503HW、DIGNO C 404KC、Spray 001softbank
mobilepoint
iPhone 5s 0002softbank
UQ mobile

UQ mobileでは、ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供している公衆無線LANサービスを利用した「Wi2 300 for UQ mobile」を利用料金無料で提供している。「Wi2」のベーシックエリアのアクセスポイント(Wi2_club、Wi2、wifi_square、UQ_Wi-Fi、mobilepoint)を無料で利用できる。オプションエリアのアクセスポイント(Wi2premium、Wi2premium_club)を利用する場合は、1時間につき100円の利用料がかかる。

通信速度は最大433Mbps(IEEE802.11ac)。「IEEE802.11n」で最大300~72Mbps、「IEEE802.11a/g」で最大54Mbps、「IEEE802.11b」で最大11Mbpsの速度が出る。

Wi2の自社エリア(Wi2_club、Wi2、Wi2premium、Wi2premium_club)のアクセスポイントはセキュリティレベルが高い「WPA/WPA2 PSK」で暗号化されている。mobilepoint2もセキュリティ強度が高い「WPA2 PSK」で暗号化されているが、UQ_Wi-Fiとmobilepointではセキュリティレベルが低い「WEP」で暗号化されているので注意が必要だ。

Wi2では各プラットフォーム(Windows、Mac OS、iOS、Android)に対応した簡単アクセスツール「Wi2 Connect」を用意している。「Wi2 Connect」をインストールして簡単な設定を行うと、Wi2 300のアクセスポイントに自動ログイン・ログアウトができるようになる。

Y!mobileは「データシェアプラン」「家族割引サービス」を提供

Y!mobileでは、複数の端末で高速データ通信容量をシェアできる「データシェアプラン」と、家族でまとめて契約するとお得になる「家族割引サービス」を提供している。

シェアプラン

「シェアプラン」を利用すると同一名義で最大3枚のSIMカードを追加して高速データ通信容量をシェアすることができる。シェアプランで追加したSIMカードは月額980円の基本使用料で利用できる。

さらに、「スマホプラン M」と「スマホプラン L」にはシェアプランセット割が適用され、「スマホプラン M」で毎月490円割引、「スマホプラン L」で毎月980円割引きになる。シェアプランセット割が適用されると、「スマホプラン L」では追加料金なしに毎月14GBの高速データ通信容量を最大4枚のSIMカードでシェアすることが可能になる。

料金プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本使用料 2,980円 3,980円 5,980円
追加可能SIMカード 最大3枚
シェアプラン基本使用料 980円/枚
シェアプランセット割 -490円/枚 -980円/枚
合計 3,960円 4,470円 5,980円
シェアプラン負担額 980円/枚 490円/枚 0円

「シェアプラン」で追加されるSIMカードはデータ通信専用なので、音声サービスを利用することはできない。

家族割引サービス

「家族割引サービス」は、2回線目以降の副回線の月額基本使用料を割引するサービス。2回線目以降で「スマホプラン」を契約すると500円割引になる。PHS回線を使用した「ケータイプラン」を契約した場合は月額1,381円の基本使用料が無料になる。

副回線は最大9回線まで契約可能。主回線を「スマホプランS」、副回線9回線を「ケータイプラン」で契約した場合、10台の端末を月額1,980円で利用することも可能になる。

「スマホプランS」を家族4人で契約した場合、毎月1,500円の「家族割引」が適用されるので、1年間は月額合計6,240円、2年目以降は月額合計10,420円で利用することができる。

料金プラン スマホプランS(2GB)x4回線
契約事務手数料 12,000(3,000円x4枚)
月額料金 11,920円(2,980円x4)
家族割引 -1,500円(500円x3枚)
ワンキュッパ割
(12カ月間)
-4,000円(1,000円x4)
初期費用合計 12,000円
月額料金 1年目:6,420円
2年目以降:10,420円

Y!mobileは「光おトク割」で毎月最大5,200円割引

「光おトク割」は、ソフトバンクの固定通信サービス「SoftBank 光」または、「SoftBank Air」とワイモバイルの通信サービスをセットで利用すると、毎月最大5,200円割引になるサービス。割引額はワイモバイルの回線数に応じて増額される。

「SoftBank 光」の場合、ワイモバイル回線1回線で毎月500円割引、2回線で1,000円割引、3回線で1,500円割引になり、4回線以上では5,200円に増額される。

光おトク割対象固定通信サービス スマホプラン回線数 割引額
SoftBank 光
(ファミリータイプ・ファミリーライト以外)
1回線 -500円
2回線 -1,000円
3回線 -1,500円
4回線以上 -5,200円
SoftBank 光
(ファミリータイプ・ファミリーライト)
1回線 -500円
2回線 -1,000円
3回線 -1,500円
4回線以上 -2,000円
SoftBank 光(集合住宅タイプ)
SoftBank Air
1回線 -500円
2回線 -1,000円
3回線以上 -3,800円

「SoftBank 光」を契約した場合、「光おトク割」の割引特典を受けるには指定オプションに加入する必要がある。指定オプションはパック料金で提供されるので、通常1,924円のオプションに500円で加入することができる。

なお、「光おトク割」は「家族割引サービス」と併用することはできない。

節約モードで送受信最大300Kbpsの無制限プランを実現する「UQ mobileポータルアプリ」

UQ mobile

UQ mobileでは、スマートフォンアプリ「UQ mobileポータルアプリ」で通信速度の切り替えができる。「データ通信」タブの画面右下のターボスイッチを「節約モード」にすると送受信最大300kbpsに切り替わる。「節約モード」に切替後に発生したデータ通信は高速データ通信容量にカウントされないので、「ぴったりプラン」の高速データ通信容量を節約することができる。

SNSやメールなど速度を必要としないアプリは「節約モード」に切り替えると送受信最大300Kbpsの低速通信が使い放題になる。動画やゲームなど速度が必要なアプリは「高速モード」に切り替えて使うことで「ぴったりプラン」の高速データ通信容量を有効に使うことが可能になる。

その他、「UQ mobileポータルアプリ」では今月の高速データ使用量と残量の確認、高速データ通信の追加チャージ、契約状況の確認やプラン変更、オプションの申し込みなどを行うことができる。

Androidアプリ10タイトルが無料になるUQ mobileの「ぴったりアプリパック」

UQ mobile

UQ mobileの「ぴったりプラン」には、人気のAndroidアプリが無料で使える「ぴったりアプリパック」が含まれている。

ぴったりアプリパックで利用できるのは、「スマートフォンセキュリティ」、「超便利ツールズ」(1,980円)、「超ブルーライト削減」(2,980円)、「乗換案内Plus」(648円)、「Fujisan Reader」、「おしゃべり翻訳機」、「地図マピオン」、「万能カメラ」(1,886円)、「ジョルテ」、「驚速メモリ」(1,886円)の10アプリ。合計9,380円分のアプリが無料になる。

Google play スマートフォンセキュリティ
スマートフォンセキュリティ
制作: SOURCENEXT CORPORATION
評価: 3.9 / 5段階中
価格: 無料 (2016/6/30 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

Google play 乗換案内Plus
乗換案内Plus
制作: Jorudan Co.,Ltd.
評価: 3.9 / 5段階中
価格: ¥648 (2016/6/30 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

Google play 無料で5000冊以上の雑誌が読めるFujisanReader
無料で5000冊以上の雑誌が読めるFujisanReader
制作: Fujisan Magazine Service Co., ltd.
評価: 3.4 / 5段階中
価格: 無料 (2016/6/30 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

Google play 地図マピオン
地図マピオン
制作: Mapion Co.,Ltd.
評価: 3.6 / 5段階中
価格: 無料 (2016/6/30 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1


MNOのサブブランドとしての通信品質

ワイモバイルとUQ mobileは、MNO(ソフトバンク、au)のサブブランドとしてサービスを提供しているので、MNOから回線を借りているMVNOよりも通信品質が安定している傾向がある。

Y!mobile

ワイモバイルはソフトバンクのグループ企業が運営しているので、ソフトバンクの回線をそのまま利用できるメリットがある。ドコモ系MVNOは、ドコモから帯域を購入してサービスを提供しているため、平日の12時台などトラフィックが集中する時間帯に速度低下が起こりやすい。ワイモバイルは、ソフトバンクの帯域をそのまま使用できるようなので、平日の12時台でも安定した速度を出すことができる。

UQ mobile

UQ mobileはau(KDDI)の子会社「UQコミュニケーションズ」が運営しているので、他のau系MVNOと比較すると速度が安定しているが、平日の12時台は、速度(Mbps)が1桁台に低下する場合もあるようだ。

まとめ

Y!mobile

毎月最大14GBの高速データ通信を利用可能

1回10分・月300回までの無料通話付き。「スーパーだれとでも定額」でかけ放題

国内最大級の無料Wi-Fiスポット付

データシェアプラン、家族割引サービスも提供

光回線とのセットで毎月最大5,200円割引

ワイモバイルの「ワンキュッパ割」は、ドコモやauから乗換(MNP)する方にオススメ。ソフトバンク及び、ディズニーモバイル・オン・ソフトバンクからの乗換は月額料金が1,000円増しになる。

「データシェア」は1契約で複数のSIMカードを共有できるので、スマートフォンとタブレットの2台持ちの方に最適。家族でお使いの方は「家族割引サービス」や「光おトク割」で割引特典を受けることができる。


UQ mobile

最大13カ月間は月額1,980円で利用可能

最大120分の無料通話付き

「マンスリー割」で端末が実質0円

「Try UQ mobile」で端末とSIMカードのお試しが可能

ターボ機能を使って高速データ通信容量の節約が可能

「ぴったりアプリパック」で人気アプリが無料

UQ mobileの「イチキュッパ割」は、ドコモやau、ドコモ系MVNOから乗換(MNP)される方に最適なプラン。auやau系MVNOからの乗換は月額料金が1,000円増しになる。

家族割りなどの特典は付かないので、家族よりも個人で契約する方に向いている。契約前に「Try UQ mobile」を使って、実際に使用するエリアの通信速度や電波の繋がり具合を確認できる点もメリットになる。


更新日: