ソフトバンク回線を使用した格安SIMを提供するMVNOサービス比較

2017年3月22日、ついにソフトバンク回線を使用したMVNOの格安SIMサービスが開始されました。開始当初に提供されるのは、iPhoneとiPad専用のデータ専用の格安です。

格安SIMのサイズは「nanoSIM」のみ。音声通話に対応した格安SIMの提供はありません。ソフトバンク回線を使用したiPad専用の格安SIMは「nanoSIM」と「microSIM」が提供されます。

ソフトバンク回線を使用したMVNOサービスは、日本通信がソフトバンクと相互接続協定書を締結したことで実現しました。日本通信の「b-mobile S」やMVNO各社でサービスが提供されます。

スポンサーリンク

  • b-mobile

「b-mobile S 開幕SIM」の料金プラン

日本通信自身が提供するのソフトバンク回線を使用した格安SIM「b-mobile S」の第一弾「開幕SIM」はデータ通信専用の格安SIMです。音声通話に対応した格安SIMの提供はありません。1GB、3GB、7GB、30GBの4つのプランから選ぶことができます。

データ容量 月額料金
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

ソフトバンクのデータ定額サービスとウェブ使用料は、1GBで3,200円、3GBで3,800円、30GBで8,300円です。b-mobile S 開幕SIMにすると約40%~最大73%割引になる計算です。

「b-mobile S 開幕SIM」対応機種

格安SIMの種別「ソフトバンクのiPhone専用」は、iPhone 5以降のSIMロック状態のiPhoneシリーズで使用できます。ソフトバンクのiPad専用Wi-Fi+Cellularモデル)のnanoSIMは、iPad Proシリーズ、iPad Airシリーズ、iPad miniシリーズで使用できます。ソフトバンクのiPad専用Wi-Fi+Cellularモデル)のmicroSIMは初代から第4世代までのiPadシリーズで使用できます。

SIM種別 対応機種 SIMサイズ
ソフトバンクのiPhone専用 iPhone 5以降 nanoSIM
ソフトバンクのiPad専用
(Wi-Fi+Cellularモデル)
iPad Proシリーズ
iPad Airシリーズ
iPad miniシリーズ
nanoSIM
iPadシリーズ(初代~第4世代) microSIM

SIMパッケージの料金は3,000円。データSIMなので、契約期間の縛りもありません。

b-mobile Sはトラフィック制御が行われる場合があります。高速データ通信量を使い切ったあとの低速度制限時に直近3日間で360MB以上使用すると、速度が制限される場合があります。

  • U-mobile S

U-mobile Sは、U-NEXTのMVNOブランド「U-mobile」が提供するソフトバンク系格安SIMです。料金プランと対応機種は日本通信の「b-mobile S 開幕SIM」と同じです。b-mobile S 開幕SIMと違うのは初期費用。登録事務手数料3,000円に加えてSIM発行手数料384円がかかります。

データ容量 月額料金
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

U-mobile Sは、規定の高速データ通信量を使い切るまでは通信制限はありません。既定の高速データ通信量を超過した場合は、月末まで送受信最大200Kbpsに制限されます。また、最低利用期間もないので好きな時に解約できます。

  • ヤマダファミリーモバイル

ヤマダファミリーモバイルは、U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社、Y.U-mobileのMVNOブランドです。日本通信がMVNE(仮想移動体サービス提供者)となって回線を提供します。

  • スマモバ(S)

スマモバ(S)は、スマートモバイルコミュニケーションズのMVNOブランドです。ソフトバンク回線を使用した格安SIM「スマモバ(S)プラン」は、他社と比べると割高になります。

データ容量 月額料金
iPhone専用SIM iPad専用SIM
1GB 1,580円
3GB 2,480円
7GB 3,980円
30GB 5,480円

スマモバ(S)の格安SIMは、nanoSIMとmicroSIMを提供しています。iPhone専用の格安SIMは、microSIMサイズがiPhone 4sとiPhone 4で、nanoSIMサイズの格安SIMがiPhone 6とiPhone 6Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5で使用できます。iPad専用の格安SIMは、microSIMサイズがiPad(第1世代)とiPad 2、iPad(第3世代)、iPad Retinaディスプレイモデルで、nanoSIMサイズの格安SIMがiPad Air 2、iPad mini 3、iPad Air、iPad mini 2、iPad miniで使用できます。

SIM種別 対応機種 SIMサイズ
iPhone専用SIMカード(データ専用) iPhone 6
iPhone 6Plus
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
nanoSIM
iPhone 4s
iPhone 4
microSIM
iPad専用SIMカード(データ専用) iPad Air 2
iPad Air
iPad mini 3
iPad mini 2
iPad mini
nanoSIM
iPad Retinaディスプレイモデル
iPad(第3世代)
iPad 2
iPad(第1世代)
microSIM

動画再生やファイル交換で大量の通信を利用した場合、帯域制限が実施される場合があります。また、規定のデータ通信量(GB)を超過した場合は、末日まで通信速度が送受信最大200kbpsに制限されます。

なお、スマモバ(S)の格安SIMには24ヵ月の最低利用期間が設定されています。24ヵ月以内に解約した場合、解約手数料9,800円が発生するのでご注意ください。また、プラン変更した場合もプラン変更手数料3,000円がかかります。

ソフトバンク回線を使用した格安SIMのデメリット

音声通話SIMの提供はナシ

提供されるのはデータ専用SIMのみです。音声通話を利用したい場合は、IP電話アプリ等を使用する必要があります。

ドコモ系格安SIMより料金が割高

月額料金はドコモ回線を使用したMVNOの格安SIMと比べると割高になります。これは、ソフトバンクがMVNOに卸している接続料がドコモよりも高額に設定されていることが原因だと思われます。U-mobileの場合、U-mobile Sの3GBプランは月額1,580円なので、ドコモ回線を使用した月額900円の3GBプラン「データ専用 ダブルフィックス」よりも600円高くなります。

SMSに非対応

SMSオプションに対応していないので、SMSを利用することができません。

テザリング非対応

ソフトバンク系MVNOの格安SIMをソフトバンク版iPhone/iPadで使用した場合、テザリング機能は利用できません。

このページでは最新情報が入り次第更新されます。

更新日: