格安スマホの音声SIMを月額1,050円にする方法

格安スマホの通話料を、月額1,050円に抑える方法のご紹介。

スポンサーリンク

BIGLOBE WiMAX 2+とセットでSIMカードを購入する

ビッグローブのモバイルインターネットサービス「BIGLOBE WiMAX 2+」と、同社の格安SIMサービス「BIGLOBE SIM」を同時に申し込むと、「BIGLOBE SIM」のデータ通信料が最大24カ月間350円割引(合計8400円割引)になる。

月額1,400円の「音声通話スタートプラン」の場合、24カ月間の月額料金が1,050円になり、WiMAX 2+ギガ放題の料金と合わせても月額5,430円で利用できる。

  • 音声SIM

    1,050円
  • WiMAX 2+

    4,380円
  • =
  • 月々

    5,430円
BIGLOBE WiMAX 2+とは

「BIGLOBE WiMAX 2+」は、ビッグローブが、UQコミュニケーションズのモバイルインターネットサービス「WiMAX 2+」のMVNO(移動体通信事業者)として展開しているサービス。WiMAX 2+に対応したモバイルWi-Fiルーターを使用することで下り最大220Mbpsの高速通信が可能になる。

BIGLOBE WiMAX 2+の月間データ量無制限プラン「ギガ放題」の月額料金は、初月無料で2~3ヶ月目が3,695円、4~25ヶ月目は4,380円になる。データ端末「Speed Wi-Fi NEXT WX01」の代金は0円。「WX01」は、基地局側と端末側に4本のアンテナを使用して高速化する技術「4×4 MIMO」をサポートしているので全国のWiMAX 2+エリアで、下り最大220Mbpsの高速通信を利用できるのが特長だ。

BIGLOBE SIMの特徴

通話料割引サービス「BIGLOBE でんわ 通話パック60」を提供

60分間の通話が650円で利用できる割引サービス

のりかえ(MNP)の不通期間の発生を解消する「らくらく乗り換えSIM」

ユーザーが任意のタイミングで開通手続きができるサービス。

Wi-Fiスポットが無料

ライトSプラン、12ギガプランは、全国77,200カ所のWi-Fiスポットの利用が無料。WiMAX 2+のWi-Fiスポットサービス「au Wi-Fi SPOT」も利用できる。

androidアプリ「オートコネクト」

LTEとWi-Fiの自動切り替えに対応

ライトSプランと12ギガプランは、直近3日間の通信規制ナシ

月間のデータ容量を使い切るまでは無制限で利用可能。

複数のSIMカードでパケットのシェアが可能

ライトSプラン、12ギガプランは3枚のSIMカードでパケットのシェアが可能。

「WiMAX 2+」+「格安SIM」で広がる利用法

WiMAX 2+と格安SIMを併用すると、さまざまなシチュエーションでインターネットを楽しむことができる。

  • WiMAX 2+をメインで使用して、WiMAX 2+エリア外では、ドコモのネットワーク使用していてエリアが広い格安SIMを使う。
  • WiMAX 2+は自宅のみで使用し、外出時には格安SIMを使用。(ルーターを持ち運ぶのは面倒と感じる人におすすめ)
  • 通信量が少ないメールやSNSなどは、格安SIMを使用。動画視聴など大容量のデータ通信を行う時に容量無制限のWiMAX 2+を使う。
  • 単身赴任のお父さんが工事不要のWiMAX 2+を使用し、格安SIMをお母さんのスマホ用に使う。

公式サイトで詳しくみる

BIGLOBE WiMAX 2+とLTE・3Gセットの注意点

最低利用期間

WiMAX 2+:2年間
BIGLOBE SIM:サービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月間

BIGLOBE WiMAX 2+では、4種類のモバイルルーターを用意しているが、BIGLOBE LTE・3Gとのセットプランでは、「Speed Wi-Fi NEXT WX01」のみしか選択できない。

更新日: