格安SIMの選び方(通信容量編)

格安SIMを選ぶ前に自分が使用しているデータ通信量を把握することは重要である。毎月使用している通信量によって料金プランが決まるからだ。

データ使用量は、端末の設定画面で確認することができる。MNOと契約している場合、ユーザーサポートサイトへログインすることで正確な使用量を把握することができる。

スポンサーリンク

通信量の目安

データの消費量は、利用目的によって大きく異なる。

1GBあたりのデータ使用量
使用するアプリ 1GBあたりの目安
5分間の動画視聴 470分
ホームページの表示 約4,000回
メール(300文字) 約200,000通
Skypeテストコール3分 約1,862分
Google Map(東京23区を拡大表示) 約1,366回
Spotify(音楽ストリーミング) 約1,000分
ゲーム(パズル&ドラゴンズ) 約1,089時間
「DMM mobile」の通信量の目安より引用

データ使用量が大きいのが動画。動画視聴が主な目的なら7GB以上の容量が大きいプランか容量無制限のプランを選ぶとよいだろう。

ゲームは、ジャンルによって通信量の幅が大きい。パズルゲームはデータ量が少ないが、RPGやMMO RPGはデータ量が大きい傾向がある。パズルなどのカジュアルなゲーム中心の利用であれば1GBプランで十分、RPGの場合でも2GBくらいあれば余裕で遊ぶことができるだろう。

音楽ストリーミングは、データ使用量が比較的少ない。シェアが最大の「スポッティファイ」は、3Gの低速通信でも利用することができる。動画は利用せず、音楽ストリーミングやメール、LINEなどのメッセンジャーアプリを中心に利用する場合、3G通信のみに対応した無制限プランでも十分対応できるだろう。

専用アプリで通信量を節約

専用アプリを配信しているMVNOは、利用量や残りの通信容量を把握できる他、アプリによっては通信速度を切り替えることもできる。動画やブラウザアプリ使用時は高速通信、メールやSNS、音楽ストリーミングは低速通信に切り替えるなど、利用目的によって速度を調整することで通信量を節約することができる。

バースト転送で低速時でも高速通信

高速信量を使い切り低速通信なった場合でも、通信開始から数秒間は高速通信ができる「バースト転送」を採用しているMVNOがある。アプリの起動やwebページを表示する場合など、「バースト転送」がない場合に比べて高速で読み込みが完了する。

IIJmio」は「バースト転送」を採用している。また、IIJがMVNEとして支援している「DMM mobile」「BIC SIM」も「バースト転送」が可能だ。

Wi-Fi対応のMVNOで通信量を節約

無料のWi-Fiスポット(公衆無線LAN)が利用できるMVNOを選ぶとデータ通信量を節約することができる。カフェ・ファストフード・駅・空港・ホテル・コンビニなどのWi-Fiスポット設置エリアで、Wi-FiサービスのSSIDとパスワードを登録すると次回以降は自動的にモバイル通信からWi-Fi通信に切り替わるので、Wi-Fiスポットを積極的に利用することで通信量を大幅に節約することが可能になる。

データ繰り越しで通信容量を無駄なく使用

データ繰り越しに対応している料金プランの場合、使いきれなかった高速通信データ量を翌月(日別プランの場合は翌日)まで繰り越して使うことができる。月によってデータ使用量にバラつきがある場合は、データ量を余すことなく使い切ることができる。

高速通信を使い切ったら追加チャージが便利

容量無制限以外の料金プランの場合、高速通信のデータ量の上限を超えると通信速度が制限される。追加チャージに対応しているMVNOは、追加料金を支払うことで通信制限を解除できる。

MVNO各社の追加チャージ料金と単価
MVNO 追加チャージ利用料 1GBあたりの単価
OCN モバイル ONE 日別コース:500円/回
月別コース:500円/0.5GB
1,000円
IIJmio 追加クーポン:200円/100MB
クーポンカード:1,500円/500MB・3,000円/2GB
1,500円
BIGLOBE LTE・3G 300円/100MB 3,000円
b-mobile 300円/100MB
1,200円/500MB
2,400円
NifMo 900円/0.5GB 1,800円
楽天モバイル 300円/100MB 3,000円
DMM mobile 200円/100MB
1,000円 600円/500MB(5月末まで)
2,000円 1,100円/1GB(5月末まで)
1,100円
So-net モバイル LTE 500円/100MB
2,100円/500MB
3,800円/1GB
3,800円
TONE mobile 300円/1GB 300円(送受信速度最大3Mbps)
mineo 150円/100MB 1,500円
U-mobile 300円/100MB
500円/500MB
800円/1GB
800円

1GBあたりの単価は、最安300円から3,800円までと価格にばらつきがある。最安値300円の「TONE mobile(旧freebit mobile)」は、通信速度が3Mbpsの制限がある。下り最大150Mbpsに対応しているMVNOでは「U-mobile」の800円が最も安い。

更新日:

格安スマホ(SIM)の選び方
格安スマホ(SIM)とは?
格安スマホ(SIM)のメリットとデメリット
  • Strong Point
  • Weak Point
MVNOとMNOとMVNE

ocn docomo iij

格安SIMの通信量の目安と節約方法
格安SIMの通信速度
SIMカードの種類
データ専用SIMの利用方法
格安SIMの音声通話サービス
格安スマホの通話定額サービス
Wi-Fiスポットを利用できる格安SIM
サポート編
割引サービス編
  • Smartphone
  • Internet
  • Shopping
MVNO各社の直近3日間の通信速度制限