mineo(マイネオ)


    • 3日間の速度制限なし

    • 無料Wi-Fiスポット

    • 通話定額プラン

    • データ繰越

    • 端末セット販売

    • 無制限プラン
    1. 使用回線:docomo/au
    2. 音声通話SIM最低利用期間:1カ月間
    3. 速度切替アプリ対応
    4. 家族割引サービス
    5. 月額700円~
    キャンペーン
    mineo紹介キャンペーン

    mineoを紹介すると、紹介する方と紹介を受けた方それぞれにAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

    mineo(マイネオ)の特長
    • au回線を使用したAプランと、ドコモ回線を使用したDプランを提供
    • 「パケットシェア」「パケットギフト」「フリータンク」などの独自サービスを提供
    • 通話料が最大3割引きになる「通話定額30/60」
  • mineo(マイネオ)の料金プラン
音声通話SIM
プラン名 月額料金 通信容量 通信速度 容量超過時
デュアルタイプ 500MB 1,310円 500MB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
デュアルタイプ 1GB 1,410円 1GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
デュアルタイプ 3GB 1,510円 3GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
デュアルタイプ 5GB 2,190円 5GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
デュアルタイプ 10GB 3,130円 10GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
データ専用SIM
プラン名 月額料金 通信容量 通信速度 容量超過時
シングルタイプ 500MB 700円 500MB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
シングルタイプ 1GB 800円 1GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
シングルタイプ 3GB 900円 3GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
シングルタイプ 5GB 1,580円 5GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
シングルタイプ 10GB 2,520円 10GB 下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
200kbps
スポンサーリンク
  • mineo(マイネオ)の特徴
もくじ

mineoの通話定額オプション

通話定額30/60

「通話定額30/60」は、通話料が最大3割引きになる通話定額オプションサービス。「通話定額30」は、30分までの通話料が840円(通常1,200円)、「通話定額60」は60分までの通話料が1,680円(通常2,400円)の定額料金で利用できる。

プレフィックス通話サービスのように電話番号の先頭にプレフィックス番号を付与する方式と違い、通常の電話番号を使用するので専用アプリ不要で通話することができる。

5分かけ放題サービス

月額850円の「5分かけ放題サービス」は、5分以内の国内通話がかけ放題になる通話定額オプション。2017年3月1日に提供が開始される。

専用アプリ「mineoでんわ」を利用することで5分以内の通話がかけ放題になる。5分を超える通話も通常の半額となる10円/30秒で利用することができる。

専用アプリを利用するため、フリーダイヤルやナビダイヤル、110番などの3桁番号へは発信できない。また、「通話定額30/60」と重複契約もできない。

2015年9月よりNTTドコモの回線を利用したプランを提供開始

mineoは、従来のauプランに加えて2015年9月よりNTTドコモの回線を利用したプラン「ドコモプラン(Dプラン)」を開始した。ドコモプランではドコモ版「iPhone 6」などのドコモスマートフォンやSIMフリー端末が利用できるようになる。

ドコモプラン(Dプラン)
データ容量 シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ
(通話SIM)
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
5GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円

auプランとドコモプランの間でのプラン変更にも対応する。変更事務手数料は2,100円で、デュアルタイプの場合MNPの手続き不要で電話番号の引き継ぎができる。また、家族間で余ったパケットをシェアできる機能「パケットシェア」は、auプラン(Aプラン)でも余ったパケットをシェアできるようになる。

au VoLTE対応SIMの提供開始

mineoでは、「au VoLTE対応SIM」を提供している。VoLTE(Voice over LTE:ボルテ)とは、LTEネットワークで音声通話とビデオ通話を実現する通信技術。300~3,400Hzの周波数帯域を使用する3G回線よりも帯域が広い50~7,000Hzを使用することで高音質な通話が可能になる。

au端末でmineoの「au VoLTE対応SIM」を利用する場合、au VoLTEに対応し、かつSIMロック解除をした端末が必要になる。2015年夏モデル以降のau VoLTE対応端末は、SIMロック解除に対応しているので「au VoLTE対応SIM」を利用することができる。

au VoLTE未対応のSIMカードを使用しているmineoユーザーは、2,000円でau VoLTE対応SIMカードに交換できる。

余ったパケットを家族や友人とシェアできる「パケットシェア」

mineoでは、データ繰り越しで余ったパケットを友人や家族間でシェアできる「パケットシェア」を提供している。mineoユーザーであれば最大5回線で当月に余ったパケットを翌月にシェアできる。

パケットシェアを利用すれば、5GBプラン1回線、500MBプラン4回線を契約し5GBプランで余ったパケットを500MBプランの4回線でシェアすることで家族の通信費を大幅に削減することが可能になる。

キャリア ドコモ mineo
データ通信料 6,500円
(シェアパック5:5GB)
3,680円
(5GBプランx1+500MBプランx3)
シェアオプション 1,500円
(500円x3台)
データ通信料合計 8,000円 3,650円

5GBのパケットを家族4人でシェアする場合、ドコモでは5GBで月8,000円かかるが、mineoでは6.5GB使えて半額以下の月3,650円の格安料金で利用することができる。

余ったパケットを家族以外の友人・知人にも贈れる「パケットギフト」

「パケットギフト」は、パケットシェア機能を拡大し家族以外にもパケットを贈ることができるサービス。パケットシェアでは同一住所の家族間だけに限定されていたが、パケットギフトでは家族以外のmineoユーザーに余ったパケットをプレゼントできるようになる。

「パケットギフト」は、10MB単位で使用でき一度に9,990MBまでギフトとして贈ることができる。贈られたパケットは、翌月の月末まで利用できる。

「パケットギフト」を贈る場合、mineoの会員専用サイト「マイページ」にアクセスして「パケットギフト」を選択⇒贈るデータ量を入力して「ギフト発行」をタップ⇒発行された「パケットギフトコード」をメールなどで友人・知人に送付して贈ることができる。

友人・知人から「パケットギフトコード」を受け取った場合、「マイページ」でパケットギフトコードを入力することで贈られたパケットを使用することができる。

全国のmineoユーザー間でパケットをシェアする「フリータンク」

mineoは、余ったパケットを家族や友人と分け合える「パケットシェア」をさらに進化させた新機能「フリータンク」の提供を開始した。

「フリータンク」は、mineoのコミュニティサイト「マイネ王」のアカウントを持っているユーザー間でパケットをシェアできる機能。期限の切れそうになったパケットをフリータンクに入れたり、パケットが足りない時にフリータンクから引き出すことができる。

フリータンクには毎月合計10GBまで入れることができる。パケットの引き出しは月2回合計1GBまでとなる。

「@mineo.jp」ドメインのメールアドレスを付与

mineoユーザには、「@mineo.jp」ドメインのメールアドレスが付与される。スマートフォンで利用する場合は、メールアプリの設定画面で「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「メールサーバー設定」を行うとメールの送受信ができるようになる。

「@mineo.jp」ドメインメールが端末に届く前にウィルスを検知・駆除する「メールウィルスチェックサービス」を月額200円で提供している。

直近3日間の通信速度制限なし

mineoのドコモプラン(Dプラン)には直近3日間の通信速度制限がない。「3日で366MB」などの速度制限があるMVNOの場合、上限を超えると翌日は速度を終日制限されてしまうので、「動画が止まる」「ゲームが動かなくなる」「Webページの表示に時間がかかる」など、さまざまなデメリットが起きる。

mineo(Dプラン)では、全プランで直近3日間の速度制限がないので、このような心配なしにデータ通信を使うことができるメリットがある。データ容量の大きい動画を長時間視聴する方は、mineoの10GBプランを契約すれば、思う存分動画を楽しむことができる。

乗換(MNP)時の不通期間を1時間に短縮

MNP(番号ポータビリティ)を利用して他社からmineoの音声通話SIMを契約する場合、ユーザーの手元にSIMカードが届いてからユーザー自身が好きなタイミングでMNPの切り替えができる。

MVNO側でMNP切替を行う場合、3日間程度の不通期間が発生していたが、mineoではMNP切替から1時間程度で利用できるようになる。

音声通話SIMも契約期間の縛りナシ

通常、音声通話SIMには6ヵ月から12ヵ月間の最低利用期間を設けているMVNOが多く、契約期間内に解約すると高額な手数料を請求される。

mineoの音声通話SIMは、2015年7月から12カ月間の最低利用期間を撤廃したので、高額な解約手数料を支払うことなく好きな時に解約できる。これにより、以前では難しかった音声SIMの短期利用が可能になる。なお、利用開始から12カ月以内のMNP転出には11,500円の手数料が必要になる。

データ通信残容量を節約できる「mineoスイッチ」

スマートフォンアプリ「mineoスイッチ」を利用すれば、通信速度の切り替えができるのでデータ通信残容量を節約できる。メールやSNS、音楽ストリーミングなど低速でも利用できるアプリは「mineoスイッチ節約ON」、動画やゲーム、ブラウザなど速度は必要なアプリは「mineoスイッチ節約OFF」と使い分けることでデータ通信を効率的に使うことが可能になる。(2016年8月から、会員専用ページ「mineoマイページ」でもmineoスイッチのON/OFFが可能になった。)

「mineoスイッチ」をアプリストアからダウンロード後、アプリを起動して「eoID」とパスワードを入力して「ログイン」をタップするとアプリを利用できるようになる。複数回線を契約している場合はログイン後に電話番号を選択して利用する。

アプリを起動すると、「当月の残容量」と「当月の使用量」が表示される。「データ容量節約機能」下の「mineoスイッチ節約OFF」をタップして「mineoスイッチ節約ON」に表示が切り替わると、通信速度が最大200kbpsに制限される。「mineoスイッチ節約ON」時は、各料金プランで定められている通信容量にカウントされないので、通信容量を一切気にすることなく利用できるメリットがある。

「mineoスイッチ」は、アプリを立ち上げることなくパケットの使用状況を見ることができるウィジット機能にも対応している。

IP電話アプリ「LaLa Call」の月額基本料が無料

mineoユーザーは、ケイ・オプティコムのIP電話サービス「LaLa Call」の月額基本料100円が無料になる。LaLa Callはインターネット回線を使用した通話サービス。携帯電話宛で9円/30秒、一般加入電話宛は8円/3分の格安料金で利用できる。LaLa Call同士や無料提携している050IP電話宛、eo光電話宛は無料で通話できるほか、留守番電話サービスも無料で利用できる。

mineoの端末補償サービス

端末安心サポート

月額370円の「端末安心サポート」は、mineo端末の購入時のみ加入することができる端末補償サービス。自然故障・水漏れ・破損などのトラブルが発生した場合、割引価格で修理を受けることができる。修理期間中は代替機のレンタルも行う。

1年間に2回までは割引価格で修理を受けることができ、初回が5,400円、2回目が8,640円の自己負担金で修理できる。

持込み端末安心保証サービス

月額500円の「持込み端末安心保証サービス」は、SIMカード単体契約時に加入できる端末補償オプション。mineoが定めるSIMフリー端末やキャリア端末が保証の対象になる。

保証範囲は「自然故障」「水漏れ」「落下」「破損」。年2回まで利用でき1回目5,000円、2回目8,000円の保証代金で修理またはmineo指定の端末と交換することができる。また、有料(3,000円)で代替機の貸し出しも行う。

保証対応は、端末によって異なる。SIMフリーのAndroid端末とiOS端末(iPhone/iPad)は修理または交換対応。キャリアのAndroid端末は交換のみの対応になる。

保証上限金額は40,000円。4万円を超える場合は、修理・交換代金から40,000円を差し引いた金額が請求される。

Android端末をウィルスなどの脅威から守る「ウイルスバスター モバイル 月額版」

mineoユーザーは、トレンドマイクロの総合セキュリティサービス「ウイルスバスター モバイル 月額版」を月額270円で利用できる。

「ウイルスバスター モバイル 月額版」では、アプリをインストールすると自動でスキャンをする「不正アプリ対策」、不正なWebページや有害サイトをブロックする「Web脅威対策」、迷惑電話や特定のキーワードを含んだSMSを拒否できる「迷惑SMS/迷惑着信対策」、端末紛失時のリモートロックやデータ消去・端末の捜索ができる「盗難・紛失対策」などの機能を利用できる。

「ウイルスバスター モバイル 月額版」と「端末安心サポート」を月額550円の割引価格で利用できる「mineo安心パック」も用意されている。

スマホに潜む危険から子供を守る「安心フィルタリング」

月額350円のオプションサービス「安心フィルタリング」は、危険なWebページやアプリをブロックする他、インターネット利用状況や端末の利用時間制限など、スマホに潜む危険から子供を守ることができる。

デジタルアーツ社の有害サイトフィルタリングアプリ「i-フィルター for マルチデバイス(Android版/iOS版)」をダウンロードし、mineoが発行するシリアルIDを登録すると利用できるようになる。

安心フィルタリングでは、見守り機能、Webフィルター、アプリフィルターの3つの機能を利用できる。

見守り機能

リモート管理機能、利用時間制限、位置情報確認、発着信履歴など

Webフィルター機能

年齢別推奨設定、ホワイトリスト・ブラックリストサイト登録、書き込みブロック、ECサイトの購入ページブロックなど

アプリフィルター(Android版のみ)

アプリ制御機能、警告機能

安心バックアップ

月額500円で写真・音楽・電話帳などのデータを、クラウド上に保管できるサービス。容量無制限で利用できる。AOSデータ社のアプリ「AOS Cloud(Android版/iOS版」を端末にインストールして利用する。

保存できるデータは、連絡先、写真、動画、カレンダー。Android版のみSMS、発着信履歴、音楽、書類、ブックマーク、履歴、システム設定も保存できる。

保存するデータは、強力な暗号化方式「AES256」で暗号化されてから、クラウド上にバックアップされる。

mineoの auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)のスペック比較

auプランでは、「SMS月額基本料」と「割込通話サービス」が無料。通話中に新たに別の人を呼び出して3人同時会話が可能な「三者通話サービス」を利用できます。

ドコモプランでは、指定した電話番号からの着信を拒否できる「迷惑電話ストップサービス」を無料で利用できます。

プラン auプラン ドコモプラン
SMS月額基本料 無料 シングルタイプ:120円、デュアルタイプ:無料
三者通話サービス
迷惑電話撃退サービス 月額100円 無料
割込通話サービス 無料 月額200円

全国の「mineoサポート店」で初期設定や申し込みをサポート

mineoでは、パソコン工房・グッドウィル・BUYMORE秋葉原・ドクター・ホームネットと提携し、全国81カ所で「mineoサポート店」を展開している。有償初期設定サポートサービスに加え、一部の店舗では新規申込も受け付けている。

サポート点では、契約事務手数料3,000円が不要となるエントリーパッケージを2,000円で販売。エントリーパッケージを購入すると、店舗に設置してあるパソコンを使ったmineoの契約をスタッフがサポートする「申込サポート」を無償で受けることができる。エントリーパッケージと端末を同時購入すると、初期設定サポート1,000円が無料になる特典が付く。

mineo(auプラン)のSIMカードを使用できる端末

au端末

mineo(auプラン)のSIMカードはauの回線を使用しているのでau端末で使用できる。VoLTEに対応したau端末の場合は、SIMロックを解除しないと使用できない。機種購入日から180日以上経過すると、SIMロック解除が可能。auのVoLTE端末は、通話もLTE回線を使用するのでVoLTE端末専用SIM「au VoLTE(nano/micro)」を契約する必要がある。なお、auでは、購入者本人以外でもSIMロック解除できるので中古ショップ等でauの白ロム端末を購入した場合でもSIMロック解除が可能だ。

SIMフリー端末

mineoのSIMカードを使用できるSIMフリー端末は「arrows M03」「arrows M02」「DIGNO M」「LUCE」など一部に留まる。auのスマートフォンは、auがLTEバンド1で使用している周波数帯がPHSの周波数帯に近接しているため、PHSを保護するための技適を取得している。国内で販売されているSIMフリー端末の多くは「PHS保護の項目が無い」技適を取得しているので、auのLTEバンド1を使用しているSIMカードは使用できないのだ。

mineoの注意事項

au VoLTE端末はSIMロック解除が必要

au VoLTEに対応したauのAndroid端末でmineoのSIMカードを使用する場合、SIMロック解除の手続きが必要になる。2015年5月以降に発売されたauのSIMロック解除機能対応端末は購入日から181日目以降に、auショップもしくは、auお客さまサポートサイトでSIMロック解除の申し込みができる。

auお客さまサポートサイトでは無料でSIMロック解除できるが、auショップでは3,000円の手数料が必要になる。

mineo(マイネオ)がセット販売しているスマートフォン
  1. arrows M03
    • Android 6.0
    • Pokemon GO
    • 2580
      mAh
    • 5.0
      inch
    • 13.1
      MP
  2. HUAWEI P9 lite
    • Android 6.0
    • Pokemon GO
    • 3000
      mAh
    • 5.2
      inch
    • 13
      MP
  3. ASUS ZenFone Go
    • Android 5.1
    • 3010
      mAh
    • 5.5
      inch
    • 8
      MP
  1. arrows M02/RM02
    • Android 5.1
    • Pokemon GO
    • 2330
      mAh
    • 5.0
      inch
    • 8.1
      MP
  • mineo(マイネオ)のスペック
初期費用 3,000円
追加チャージ 150円/100MB
データ繰り越し
通話料 20円/30秒
SMS送受信料

受信: 0円/通
国内から国内への送信: 3円/通
国内から海外への送信: 100円/通

キャッチホン
留守番電話 300円/月
転送電話
国際ローミング
国際電話
迷惑電話ストップサービス 100円/月
無料Wi-Fiスポット
SIMカードサイズ nanoSIM, microSIM
SIMカード再発行 3,000円/1枚
SIMカードサイズ変更 3,000円/1枚
SIMカード交換 3,000円/1枚
SIMカード追加
MNP転入
MNP転出 2,000円/1電話番号(利用開始から12カ月以内は11,500円)
プラン変更
通信規制 Dプラン:なし、Aプラン:3日/6GB
最低利用期間 なし
解約手数料 なし
支払方法 クレジットカード

mineo関連記事