基本使用料が半額になるドコモ「バリュープラン」に持ち込み端末で加入する方法

通常は、端末の新規購入か機種変更を伴わない限り加入できないドコモの「バリュープラン」に持ち込み端末で加入する方法の解説。「バリュープラン」に加入すると、基本使用料が通常の半額になる。

「通話が多い」「キャリアメール」を残したいユーザーは、通話とメールのみキャリアのプランを契約してフューチャーフォン(ガラケー)で利用し、データ通信のみMVNOの格安SIMを契約してスマートフォンで利用する、いわゆる「2台持ち」で運用する方法がある。

NTTドコモでは、通話とメールのみ利用するユーザー向けに2種類の料金プランを用意している。

バリュープラン
プラン名 基本使用料 付加使用料
(iモード/spモード)
割引額 合計金額
タイプシンプル 1,483円 300円 -740円 1,043円
タイプSS 1,864円 300円 -930円 1,234円

「バリュープラン」は、対象機種を「バリューコース」用販売価格で購入した場合に利用できるプラン。タイプシンプルからタイプLLまで7種類のプランから選ぶことができる。

タイプシンプル以外は、無料通話分が含まれている。無料通話が含まれていて最安のタイプSSには1,000円(25分相当)の無料通話が含まれている。また、iモード(ガラケー)もしくは、spモード(スマートフォン)付加使用料を支払うことで、キャリアメールが使い放題になる。

2年単位で同一回線を継続利用する場合は、基本使用料が半額になる「ファミ割MAX50」もしくは「ひとりでも割50」の割引サービスを受けることができる。「ファミ割MAX50」が適用された場合は、家族間の国内通話が24時間無料になる。

ベーシックプラン
プラン名 基本使用料 付加使用料
(iモード/spモード)
割引額 合計金額
タイプシンプル 3,083円 300円 -1540円 1,843円
タイプSS 3,600円 300円 -1800円 2,100円

端末の新規購入もしくは、機種変更の場合は割安な「バリュープラン」に加入できるが、プラン変更や端末の持ち込みで契約する場合は「バリュープラン」が適用されないので「ベーシックプラン」での契約になる。月額料金は、バリュープランに比べて約1.7倍に跳ね上がってしまう。

端末持ち込みで「バリュープラン」に加入する方法

「バリュープラン」は、端末の新規購入もしくは、機種変更を伴う場合以外には加入することができなかったが、FOMAサービス契約約款の2010年7月26日の改正によって、持ち込み端末でも加入できるようになった。

FOMA契約者から当社が定める端末設備(移動無線装置にあっては、当社が無線局の免許を受け取ることができるものであって、技術基準適合証明規則様式第7号又は第14号の表示により、当社が無線設備規則に適合していることが確認できるもの及び当社のFOMAサービスの契約者回線に接続できるものに限ります。)の提示があったときは、そのFOMA契約者から指定のあった1のFOMAにおいてバリュープランを選択することができます。

FOMAサービス契約約款(F-91)

この改正によって、以下の条件をクリアすることで、持ち込み端末で「バリュープラン」に加入することができる。

ドコモ以外から販売されている端末

ソフトバンクモバイルなどの他社製端末。

技適(技術基準適合)マークが付いている端末

技術基準適合認定を受けた端末は、背面パネルや、バッテリーカバーの内側に技適マークが印字されている。ソフトウェアで技適マークを表示する端末もある。

ドコモのFOMA回線に接続可能な端末

Band I(2GHz)、Band VI(800MHz)、Band IX(1.7GHz)、Band XIX(800MHz)のいずれかの周波数帯に対応している端末。

ドコモ以外のSIMフリー端末の入手方法

SIMロック解除機能を搭載したソフトバンク端末

国内キャリアの携帯電話は、ソフトバンクモバイルがドコモと同じ周波数帯(Band I:2GHz)を使用している。KDDI(au)は通信方式にCDMA2000を採用しているのでW-CDMAを採用しているドコモでは使用できない。

ソフトバンクモバイルは、「301F」、「201HW」、「009Z」、「008Z」の4機種にSIMロック解除機能を搭載している。オークションなどで安値で購入してソフトバンクモバイルに持ち込めば、3,000円の手数料を支払うことでSIMロックを解除できる。

ドコモの周波数に対応したSIMフリー端末

ドコモ系の格安SIMサービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)が販売するSIMフリー端末には、技適マークが付いている。最も安い3G端末「freetel priori2(フリーテル製)」は、9,980円で購入できる。

PlayStation Vita(3G/Wi-Fi モデル)

「PlayStation Vita(3G/Wi-Fi モデル)」は、FOMA回線を使用できる。販売元はソニー・コンピュータエンタテインメントなので、「ドコモ以外から販売されている端末」に該当する。

まとめ

  • ドコモの「バリュープラン」に加入すると、基本使用料が半額になる。
  • 端末購入が伴う契約でなければ「バリュープラン」に加入できなかったが、約款の改定で持ち込み端末でも加入できるようになった。
  • FOMA回線に接続でき、技適マークが入ったドコモ以外から販売されている端末であれば加入できる。
  • SIMロック解除機能を搭載したソフトバンクモバイル端末や、MVNOで販売されているSIMフリー端末、「PlayStation Vita(3G/Wi-Fi モデル)」などが持ち込み可能。